--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-22(Fri)

「ターザンの逆襲」エドガー・ライス・バロウズ(1915)

ターザンシリーズの4作目だがハヤカワで出版されたのは後のほうなので、翻訳者が今までの人と違う。訳者が違うせいか、それとも元の原文からそうなのか、やたら回りくどい表現が多くて読みにくいな。時系列が前後することも多いし。

今回はターザンの息子が主役。ターザンの出番はほとんどないよ。原題通り「ターザンの息子」のほうがしっくりくる。
いろいろあってジャングルに自ら入っていく息子のジャック(コラク)。いくらターザンの息子だからって数ヶ月でジャングルに適応するとは驚き。
ヒロインとしてはメリームという少女が登場。最初はか弱い少女だったが、コラクと一緒に生活するうちにジャングルに適応してたくましくなる様が魅力的だ。でも結局はヒーローに助けられるヒロインという役割のままなのが惜しい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。