--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-20(Wed)

韓国版プリティーリズム3話まで見た

3話まで見て気になった点をいろいろ・・・

キャラ名変更について
新たに判明したのは、阿世知社長は「セイラ社長」で、ショウさんは「シェイン」かな?めが姉ぇは単にお姉さんとしか呼ばれてない。
ちなみに、「みあ」が「あみ」になったのは、韓国語で「ミア」は「迷子」の意味になるからだろう。その他のキャラ名変更は、やはり日本っぽさを排除する方向なのかも。

セリフの改変について。
2話でみあがヘインと電話してるとき、ヘインが「そしたら日本に留学できるかも」と言っているセリフを単に「プリティートップに留学」と言い換えたり、3話でもみあが急に現れたヘインに対して「いつ日本に来たの?」といったセリフを「いつプリティートップに来たの?」と言い換えたりしている。
また、3話の最後のほうで社長がヘインのことを「韓国から来た留学生」と紹介するシーンでも「韓国から」という部分だけ排除している。
やはり、日本が舞台ということはぼかすつもりらしい。何も知らない人が見たら、韓国が舞台だと思うだろうな。

みあの口癖である「気度愛Luck!」は、「ヒノエラ」という変な言葉になってる。希望(ひまん)、努力(のりょく)、愛(え)、ラッキー」の頭をつなげたらしい。

かりんの口癖である「ギャラクティカ」は封じられ、普通に「完全に」とかいうセリフになってて、さびしい。この言語センスは韓国では理解されないと判断されたのか?

あやみの口癖である「メモメモです」は、「メモ、メモしなきゃ」的なセリフになってる。

それにしても、久しぶりに初期の話を見て思ったのだが、結構忘れられたような設定があるな。
第1話では、れいなたち以外にもその他大勢の練習生がいるような描写があるのに、それ以降まったく見たことがないぞ。みんなやめちゃったの?
3話ではブログとかで練習の様子を見てファンコールを入れてる。ファンコールって、ショー以外のときでも入れることができる設定だったよな。3話以降で、この設定使われたとこあったっけ?最近ではファンコール=ショーの勝ち負けを決める指標というイメージしかないので、ちょっと新鮮に感じてしまった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プ「レ」ティーリズム?

プ「レ」ティーリズムでは無くて正しくはプ「リ」ティーリズムです。書き直して下さい。

修正しました。

ドキドキ!プリキュアを観ていますのでしょうか?

キュアハートの本名には主人公プリキュアで初めて苗字に田んぼの「田(だ)」が付いていませんか?教えて下さい。

ネットで検索すればわかるよ
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。