--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-11(Thu)

「マジックキッド・マスリ」ドラマ版とアニメ版

ようやっとドラマ版のほうも131話までみた。どうやらここで一旦ペク・チャンミ編は終了して、新展開がはじまったようだ。ペク・チャンミの最後の作戦となる126話くらいからはじまった魔法ウイルスの話は、かなり盛り上がり、このまま最終回になってもいいような感じだった。
ペク・チャンミはかなり早い時期から改心の兆しは見えていたので、そのうち仲間になるか途中退場するかどっちかだろうと思っていたが、結局、途中退場か。魔女会議派に対する裏切り行為により、永遠に地下世界に閉じ込められることになったチャンミ。イェイェたちとの別れのシーンが泣かせますね。いつか魔法世界がひとつになったとき、きっと会うことができると約束しあいます。
チャンミもよかったけで、ナ・ジャルもよかったな。最後まで、地下世界に閉じ込められるのを嫌がるのかとおもっていたが、最終的にはチャンミについていくことを決心する。この時のナ・ジャルはちょっとかっこよかった。

ところで、アニメ版も12話まで放送された。先週と今週の話は前後編で魔法のオルゴールの話だった。これはドラマ版でもあったなぞなぞパズルのアレンジですね。ドラマ版ではマスリたちが魔法使いであることを秘密のまま謎を解くのに苦労してたけど、アニメではあっさりイスリにばらしちゃったな。もっとも、最後は、記憶を消されてしまった。イスリにくらい、ばれたっていいじゃないかと思うのだが。だってずるいじゃないか、妹だけ魔法使いなんて。
後、オルゴールの話の前にあったグレムリンの前後編の時も思ったのだが、どうもテンポが悪い。この程度の話なら、1話でまとめてもいいような気がする。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。