--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-24(Wed)

「太極千字文」26話までの感想

ここ最近の「太極千字文」は怒涛の展開ですごいことになってますね!

これまで登場したキャラ総登場で総力戦が展開されてる。このまま最終回になってしまいそうな盛り上がり方だ。

タイガー号と同型艦が艦隊組んでるシーンは圧巻ですね。っていうか主人公たちにこんなに仲間がいたんですね。この手のホビーアニメで主人公側にちゃんとした軍隊が存在してるのもめずらしいな。
タイガー号はいままで単独で千字文集めをしていたわけだが、いざ決戦となれば軍隊の一部隊として行動するんですね。ガンダムでいえばホワイトベースに近い感じ。でも、周りはみんな大人ばかりなのに、なんでタイガー号だけ子供たちだけで編成されてるんだろう?

今回の作戦は敵(龍族)の前哨基地?を総攻撃して、敵の千字文を奪おうというもの。
しかし、基地の破壊には成功するものの、基地はすでにもぬけの殻で千字文もなかった。しかも、敵のカウンターアタックを受けて、いままで虎族が集めてきた千字文を敵に奪われてしまった。
さらに悪いことに、主人公ライが龍族のスパイと疑われ刑が確定してしまう。
結局、太極守護隊のみんなはライを脱走させ、いっしょに基地から逃げることになる。これで、敵からも味方からも追われることになったわけだ。

次回からは3クール目に突入するわけだが、どうも異世界(仙界だっけ?)が舞台になるらしい。全39話予定なので、この1クールで終わるはずなのだが、いったいここからどうまとめるのか目が離せませんね。

まあ、大局的には、最後は龍族と虎族が協力して第3勢力と戦って倒し、めでたしめでたしになりそうだけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。