--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-21(Mon)

0520 太極千字文 第4話

제 4화 붕우유신(朋友有信), 우리는 친구!(僕らは友達!)

今回は子供たちの中で一番年上のトナと主人公の友情話。

ある大都市に千字文カードがあることを突き止めた子供たちは、二手に分かれて探し回る。
主人公のライはトナとコンビを組んで探すが、トナはひたすら買い食いしてばかりだ。そういえば、こいつらお金はどうしてるんだろう?ライ以外の子供対は、仙界から来たんじゃなかったっけ?よくしらないけど。

結局、教会の鐘の音の異常に気づいたトナがステンドグラスに張り付いてるカードを見つける。「響」のカードだ!
そこへ突然敵がやって来て戦闘になる。
ライが「剣」を使って攻撃するが、敵のおっさんが「牢」を使ってライを鉄格子の中に閉じ込める。どうやら、このなかではカードが使えないらしい。
そこで今度はトナがライを守るために、「石」を使って攻撃するが、ちょうとトナが持ち上げてる石に対して、敵が「重」を使ったため、石が重くなる。それでもひたすら持ち続けるトナ。なんだかよくわからないが、そんなトナに感動したライの心に反応して、「響」カードが勝手に発動、鉄格子にひびが入り、ライ脱出。現場にちょうどやってきたトリが「軽」をつかって石を多少軽くする。最後は、トナが敵に向かって投げた石に、ライが「響」を使うと石にひびが入り爆発して敵を撃退した。「響」でひびが入るのはわかるが、爆発って?

次回予告を見ると、次回はヒロインのセナの話っぽいので楽しみ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。