--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-18(Mon)

1218 クリスタル妖精 Z-SQUAD

第2話 バンジージャンプは怖い

先週放送がなかったので今日がやっと第2話。

今回の教訓は、契約書にサインするときは内容をよく確認しろ!ってことですね。
前回、魔法の呪文でベルトが現れたのだが魔法はまだ使えない。どうやら契約書にサインする必要があるらしい。そこでチェニー、ヘミ、ジニーの3人は契約書の古代文字もろくに読めないのにサインしてしまう。しかし、そのタイミングは最悪だった。ちょうどそのころ地球から遠くはなれた地球のふたご星では、エルメス王子がズート(精霊)を使って完全武装し敵と戦おうとする直前だった。3人がサインした瞬間、武装は解除され王子とばらばらになったズートとちっちゃいおっさんが光の道を通って地球までやってくる。王子は急な武装解除のため気絶してる。コマ状態とかいってたが、コマは英語のcoma(昏睡)かな。中途半端に英語を使うな。
チェニーたちはちっちゃいおっさんから地球にちらばったズートたちを集めるよう言われる。そうゆう契約だったみたい。ついでに変身方法も教わる。勇気、愛、希望のズートがそれぞれ3人に与えられ、それらのズートの名前を呼べばジースクワッドに変身できるらしい。

一方、学校ではハンサム・トリオと再試合することになる。種目は、バンジージャンプ。勢いで承諾する3人だが実際にジャンプ台を下見して恐れおののき、それからというものハンサム・トリオから逃げ続ける。3人が今後のとこについてチェニーの部屋で相談してるとき、今までじっとしていた勇気、愛、希望のズートが動き出した。さっそく変身を試す三人。実際の変身の掛け声はそれぞれ

パワー・オブ・カーレッジ
パワー・オブ・ラブ
パワー・オブ・ホープ

初の変身バングなのだが途中部屋に近づくハンサム・トリオのカットがインサートされる。
変身した姿に驚く3人。
扉をノックするハンサム・トリオ。
さあどうする?というところで続く。
次回予告見るとようやっと敵との実戦があるらしい。もっともイレザイオンと違って戦闘なんてしなくても、3人の細かな動きを見てるだけ充分楽しいんだけどね。いちいちそそる動きをするんだよな。

今回の傑作カット
z-squad002_006.jpg
登校中、ハンサム・トリオが乗る車の排気ガスで真っ黒になる3人。このあともっとすごいことになるんだけど・・・

ちなみに以下のサイトで詳しい製作過程が紹介されてる。
http://web.mac.com/victorjung/iWeb/Victor%27s_Blog/Blog/12345B77-2D70-4B83-AB1F-D9ED639AEA3F.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。