--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-09(Sun)

0408チャングムの夢

第23話 春の端境期

冒頭、挿入歌をバックにチャングム一行がいろいろな場所に立ち寄って料理修行してるシーンが続く。それなりの時間が経過してる模様。

今回の舞台は日照りが続いて食べ物がなくなってる村。餓死者が出てもおかしくなさそうだが、そこまでひどい描写はない。その村でトンイはふしぎな鳥をつれた仙女?のうわさを耳にして勝手な妄想をする。
しかし、現実はあまくない。その仙女の正体とは、なんとチャンイ!つまりここはチャンイの故郷だったのですね。ふしぎな鳥とはダチョウのことか。このダチョウずいぶんでかくなってる。冒頭のシーンは、このダチョウがここまで大きくなるだけの時間経過をあらわしてるのか?チャンイの父親も登場するのだが、この父親がチャンイそっくりなのが笑える。似たもの親子だ。

後半、チャングム一行は竹林へ入って竹の子を探す。その竹林はお化けが出るとか、入ったものは二度と出れないとか言われてるらしい。案の定竹林で迷う一行。怪しい人影におびえるチャングムたち。突然蛇が現れる。この蛇が、おもいっきりギャグアニメっぽいデザインで浮いているな。竹に巻きついた蛇を切ろうとして、竹を切りまくるチャン・スロ。最後に切った竹からまぶしい光が。この描写で日本人なら当然かぐや姫を連想するだろうが、もちろんそうゆう展開ではなく、光がおさまったと思ったら目の前にお花畑が現れる。すごい超展開だ!どうやらこの花は蕎麦の花みたいですね。よろこぶチャングムたちだが、その花畑の中に怪しい人影を発見したところで続く。この人影の正体は、だいたい想像がつくけど・・・。

janggeum023_002.jpg
トンイにいちゃんの妄想。実際にこんな人は登場しません

janggeum023_003.jpg
チャンイのパパ。地方の役人っぽいね。チャンイはいいとこのお嬢様だったのか。

janggeum023_006.jpg
光る竹。これじゃ未知との遭遇だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナル版(韓国版)チャングムに戻ったのですか?

オリジナル版(韓国版)チャングムに戻ったのですか?
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。