--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-28(Tue)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第16話

第16話 わかな、はっぴーフリーダム!にゃ
채우리, 실패해도 괜찮아! 냥!(チェ・ウリ、失敗してもケンチャナ!ニャン!)


わかな回。サブタイトルは基本的に日本版の直訳が多いのだが、今回はちょっと変えてきたな。

今回は日本的な夏祭りが舞台のため、修正箇所が多いぞ!モブが着ているハッピっぽい衣装はすべてTシャツなど普通の服に変更されてる。カヅキ先輩が書く看板も当然ハングル文字だ。
一番驚いたのがわかなのステージ衣装。本来、ハッピ・コーデでショーをするところだが、ハッピはNGなので通常のわかなの衣装になってる。3DCGのシーンでも衣装の変更できるんだ!まあ、データさえあれば可能だろうけど。



でも、なるたちが着ていたハッピ衣装はそのままなのが不思議。

prismstone216_2014-10-28.jpg
PRRL16-22-.jpg

と思ったが、よく見たら微妙にデザインが違うな。
その他、富士山型の巨大ケーキが普通の3段ケーキになってる。射的のシーンでわかなが顔を赤くしないなど。
エスニの声は韓国版のほうがかわいい。

実写ーコーナーはスピノを使った練習。これを使えば普通の床の上でスピンの練習ができる。
スポンサーサイト
2014-10-27(Mon)

「野獣王ターザン」エドガー・ライス・バロウズ(1920)

ターザンブックスの7冊目。第1次世界大戦に巻き込まれるターザンの話です。
ドイツ軍に妻のジェーンを殺されたと思い込んだターザンはひたすらドイツ人を憎みまくる。当然祖国イギリスの敵でもあるドイツ人を殺しまくります。まあ、戦争だからね。仕方ないね。
ジェーンの代わりに登場するヒロインは、ドイツ人のスパイ・ベルタ・キルヒャー。最初、ターザンはキルヒャー憎しと思っていたがキルヒャーがピンチになるたびに助けてしまう自分自身に自己嫌悪してしまう。女に甘いターザン。
その他、今回は黒ライオンの仲間ができたり、飛行機が登場したり、狂人の国が出てきたり盛りだくさんの内容であきさせない。基本的には善良な欧米人がピンチになってそれをターザンが救うというパターンの繰り返しなんだけど。
最後は、ジェーンが生きてると分かったところで次巻に続く。
2014-10-27(Mon)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第15話

第15話 おとはのメルヘンティーパーティー
온유의 메르헨 다과회!(オニュのメルヘン茶菓会)


おとはがプリズムストーンでショーをする回。
今回はほとんど修正箇所がなかったような気がする。
おとはのおどおど演技やいとちゃんの恥ずかしそうな「メルヘン」もちゃんと再現されてた。
おとはの「ありがとうございました。」は、「정말 고마웠어!(本当にありがとうございました)」。

実写コーナーは今回から新メンバー二人が登場。8才と11才の少女です。
今回のミッションはアイスピンのマスター。
2014-10-22(Wed)

2014年10月の新番組その3

SHIROBAKO
アニメ研の部活アニメかと思ったらアニメ業界アニメか。興味深い内容で視聴継続。

Bonjour♪恋味パティスリー
5分アニメ。教師がイケメンばかりの料理学校が舞台?キャラクターにも特に魅力を感じない。切り。

ガールフレンド(仮)
スマホゲーム原作の美少女学園アニメ。やたらキャラが多い。私はゲームをプレイしたとこがあるからある程度判別できるけど、原作知らない人が見たら混乱するんじゃないかと心配してしまう。内容は可もなく不可もなくという感じの雰囲気アニメだった。男キャラはモブとしてしか登場しないので、完全に百合アニメのようだ。様子見。

山賊の娘ローニャ
すごい退屈だった。3DCGは見慣れれば、そんなに気にならないかな。一応ジブリも制作協力してるんだ。ナレーションはすごく懐かしい感じがする。様子見。

結城友奈は勇者である
2話まで視聴。部活アニメかと思ったら戦闘美少女アニメ?なんとなくまどマギっぽい気もするけど、ドラマがうすっぺらく感じる。切り。
2014-10-21(Tue)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第14話

第14話 りんねの秘密
린네의 비밀!(りんねの秘密!)


今回から第2クール開始ということで、これまでのまとめとりんねの秘密がちょっと語られる回。シリーズ後半の尺のなさを知ってると、このころはまだのんびりしてるな。
個人的には社長の体が割れて中からモモが出てくるシーンが衝撃的だった。
今回、改変箇所は少なめ。冬服の時もそうだったけど、夏服も男子生徒の制服は日本版と色が違う。
BT37.5の読み方だけど、日本版なるは「びーてぃーさんじゅうななてんご」と読んでるけど、韓国版では「びーてぃーさーてぃーせぶんぽいんとふぁいぶ」と読んでる。

実写コーナーは、「Gift」の本番。適度なエフェクトでいい感じ。もともとフィギュアっぽい振り付けなので違和感ないな。
無理だとは思うが、CGキャラと合成させて共演とかできればいいのに。
2014-10-20(Mon)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第13話

第13話 心をつなぐ虹のかけ橋
마음을 잇는 무지개다리!(心をつなぐ虹の橋)


なるちゃん対べる様回。



いよいよべる様の曲「Get music!」の登場ですが。
日本語版よりちょっと声が高くて軽い感じがする。迫力に欠けるな。



コウジのハピなるソング

ヒロ様は韓国語でもやっぱり笑える。動揺の仕方がいい感じ。

次回予告は相変わらず見せすぎだな。オーナーがキャストオフするシーンを途中までだが見せてるよ。

実写コーナー、今回のミッションはスケートとは関係ない。まず、二人に一番大事にしているものを持ってこさせる。その後、真のミッションを発表。それを必要としてる誰かにあげることができるか?というもの。課題曲「Gift」にちなんだミッションだが、ひどい!結局、しぶしぶ承諾する二人だが、かわいそうだな。ちなみに二人が大事にしてるものとは、妹はカードゲームのようなもの。姉は父からもらった漫画本だった。
2014-10-14(Tue)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第12話

第12話 はばたけ!勇気の羽(フェザー)
날아올라라! 용기의 날개!(舞い上がれ!勇気の羽!)


あんちゃん対わかなの対決回。
というわけで、わかなのマイソング初披露です。
韓国版わかなの歌声すごくよかった。日本版よりもかわいく聞こえる。なんというか、猫っぽいね。
かずき先輩が持ってきた横断幕「がんばれ、福原あん」は「김아람! 파이팅!!(キム・アラン!ファイティング!!)」になってる。
さしいれのせんべいは、台詞では韓菓といってるけど、パキってる感じはどう見てもせんべいだ。せんべいをパキろう!
今回の名台詞「失敗しないでね」は「절대 실패하지 마(絶対失敗するな)」。

実写コーナーはコンビネーションスピンの練習。
2014-10-13(Mon)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第11話

第11話 Go for ドリーミングセッション!
출발, 드리밍 세션!(出発、ドリーミングセッション!)


いよいよ大会の始まり。おとはのマイソング初披露回でもある。
韓国版の「Vanity♥colon」だが、特に違和感なく聞けた。


さっそくアップしてくれてるのではっておく。

前回同様会場前にある銅像が消えてる。
後、よく聞くと台詞の改変もちょこちょこあるようですね。今回一番気になったのは、おとはのショーの最中のモノローグ。誰にも負けないのはベルさんを思うハートですみたいな台詞があるが、韓国版では「誰にも負けないのは、友達を思う熱い心だ」みたいな台詞になってる。百合禁止ってことか?

そして、次回予告!思いっきりネタばれしてる。あんちゃんの着地失敗シーン使ってるよ。今まで気にしてなかったけど、次回予告の構成も結構改変してるのかな?

実写コーナーはスパイラルの練習。
2014-10-10(Fri)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブEDフル



韓国版EDのフルバージョンがアップされてたのでリンクしておく。
SBSではカットされてる後半部分が最後まで見れるよ。本編カットを編集して作ってあるんだけど、使われたカットのチョイスが絶妙だな。

gift001.jpg
このりんねちゃんのカッコイイポーズも使われてるし。

gift002.png
gift003.jpg
ラストに一瞬出るこのタイトルも
そのまま使ってるよ。
2014-10-10(Fri)

2014年10月の新番組その2

怪盗ジョーカー
コロコロっぽいと思ったらほんとにコロコロ原作か。完全に子供向けだが意外におもしろかった。特に後半のカーチェイスとかよく動くな。登場する女性キャラもかわいいし、しばらく様子見。

愛・天地無用!
なぜ今、天地無用?しかも5分アニメ?今回だけじゃよくわからん。様子見。

オレん家のフロ事情
5分アニメ。ヒロインがオスの人魚だと!これは見なくていいかな。

神撃のバハムート GENESIS
すごい大作感だが、お調子者の主人公のおかげでかなり見やすい。視聴継続。

魔弾の王と戦姫
異世界もの。いまいちだった。切り。

なりヒロwww
今期のgdgd枠。ギャグはいまいちだけど、大量の新番組見て疲れた後に見るといやされるわ。視聴継続。

異能バトルは日常系のなかで
タイトルどおりの内容。今のところ普通のでき。様子見。

甘城ブリリアントパーク
京アニ。滅亡寸前のテーマパークを再生させるアニメ?京アニらしいクオリティで安心して見られる。視聴継続。

暁のヨナ
少女マンガ原作の中華ファンタジー?そこそこおもしろかったけど、余裕がないので切り。

トリニティセブン
魔道士アニメ。中学生が考えたような設定だ。キャラもいまいちだし、これは切りだな。

寄生獣 セイの格率
めずらしく原作既読のアニメだ。原作は昔マンガ喫茶に通って最後まで読んだが、ほとんどストーリーの流れは忘れてるので、新鮮な気持ちで見れるな。もっとグロいかと思ったけど、案外見れる。だが実写版だとかなりきつそう。ミギーの声は案外想像してたのと近くて違和感ない。スマホやタブレットが登場してるので時代設定が現代か。とにかく原作が好きだったので、視聴継続。

大図書館の羊飼い
読書好きで予知能力がある少年が主人公のハーレムアニメ?悪くはないんだけど、あんまり次回も見る気がしない。

俺、ツインテールになります。
ツインテールにひたすらこだわったアニメ。戦隊のパロディにもなってるのか。様子見。

四月は君の嘘
これって音楽アニメ?途中で眠くなってよくわからなかった。まじめな作風っぽい。切り。

ナノ・インベーダーズ
謎の中国アニメ。あまりに衝撃的な内容でいっぺんで目が覚めた。小学生が書いたような脚本につっこみが追いつかないよ。残念な作画もここまでだとシュールだ。視聴継続。
2014-10-08(Wed)

韓国版プリティーリズム・レインボーライブ第9、10話

今週は火曜日に2話連続放送された。

第9話 プリズムライブは晴れのち嵐
빗속의 프리즘 라이브(雨の中のプリズムライブ)


今回は文字の修正以外はとくになかったような。
阿波踊りの練習は、伝統踊りと訳されてたみたい。
実写コーナーは今回から新展開。13才と11才の姉妹が「Gift」に挑戦。今回のミッションは、テレパシーゲーム。

第10話 謎の生物 プリズムストーンに現る!
의문의 생물 출현!(謎の生物出現!)


今回、なぜかアバンの一部がカットされてる。あんちゃんが「モモガッパ」のDVDを見てるシーンだ。DVDのジャケットを修正するのが面倒だったのか?
ちなみに、カッパはただ「怪物」と訳されてる。
後、大会受付会場前の広場に変な銅像があるはずだが、なぜか存在を消されてる。台座だけ残ってるのが不自然。何が問題なのか?
実写コーナーは、Giftの振り付けを覚えること。あんちゃんからの差し入れケーキあり。
2014-10-07(Tue)

2014年10月の新番組その1

テラフォーマーズ
火星で人類とゴキブリが戦うアニメ?積極的に見たいとは思わないが、とりあえず様子見。

トライブクルクル
ダンスアニメ。癖のあるキャラデザだな。小学生かと思ったら中1なのか。でも、こうゆうのは結構好きだ。でも、いまいち地に足がついてないような感じがする。今後に期待。

超能力ファミリー サンダーマン
Eテレの海外ドラマ。引退した超能力ファミリーが正体を隠して日常生活をおくるさまをおもしろおかしくえがくシットコム。ギャグは微妙だが、余裕があれば見続ける。

デンキ街の本屋さん
とらのあなっぽい店を舞台にしたライトコメディ。絵柄は好みだし内容も悪くないんだけど、薄味な感じがする。様子見。

旦那が何を言っているかわからない件
5分アニメか。オタクな夫と一般人妻という組み合わせ。爆笑するほどではないが、この尺ならまあ見れる。

ガンダム Gのレコンギスタ
2話まで見ても登場人物の行動原理が理解できない。こいつらいったい何がしたいの?ビームサーベルにいちいち驚くのも謎だ。独特の台詞回しもいらいらするな。多分見続けるけど。

曇天に笑う
今後面白くなりそうな予感がまったくしない。切り。

まじっく快斗1412
コナンとは別のスタジオなので、新鮮な感じがする。今後もコナンとセットで見続ける。

失われた未来を求めて
幼馴染との恋愛ものとおもわせてからのすごい引きだった。様子見。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
ライトな美少女ロボットアニメ化と思ったら結構ハードだな。様子見。

ワールドトリガー
現代を舞台にしたバトルもの?作画はいまいちだけど、分かりやすくて普通に面白。余裕があれば見る。

仮面ライダードライブ
車に乗るライダー。一瞬、ナイトライダーかと思った。味方組織にも正体を隠すってウルトラマンっぽいな。

七つの大罪
異世界ファンタジー。いろいろとマギっぽいが、第1話としては完璧な導入。多分最後まで見る。

繰繰れ!コックリさん
ぼっちの少女とぼっちのコックリさん。ちょっと不条理な感じのまったりコメディ。キャラがいいな。多分最後まで見る。

オオカミ少女と黒王子
少女マンガ原作。オオカミ少女ってうそつきの方のオオカミか。なかなかおもしろいキャラ設定だ。視聴継続。

グリザイアの果実
どう見ても普通じゃない普通の学校が舞台。いろいろ謎が多そうで先の展開が想像できない。美少女アニメのわりに男の裸が多いな。とりあえず、ツンデレキャラはおもしろかった。様子見。

天体のメソッド
子供のころ分かれた謎幼女との再会。1話からちょっと泣ける内容。なんとなくあの花っぽい雰囲気。EDアニメーションがよかった。様子見。
2014-10-02(Thu)

「ターザンの密林物語」エドガー・ライス・バロウズ(1919)

ターザンシリーズの6作目。今回は趣向を変えて青年時代のターザンを主人公にした短編集。短編集といっても、それぞれの話に多少の連続性がある。
ジェーンと出会う前という時代設定のため、まともなヒロインは登場しない。ターザンの初恋の相手として登場するのも類人猿の雌ティーカだし。まあ、ティーカを全裸の美女と無理やり想像して読めば、それなりに楽しめるかも。
神とはなにか?月とは?など意外に知的なとこを考えてるターザンが興味深い。
ところでこの本、昔読んだことがあるはずなのにまったく内容を覚えていない。おかしいな。
2014-10-01(Wed)

2014年9月終了番組まとめ

新番組の前に、今期終了の番組をまとめておく。
大体個人的に好きな順。

HUNTER×HUNTER:3年で終了。長かったな。途中だれることもなく最後まで緊張して見れた。日アニ版もすごく好きだったが、こっちも同じくらい好きだ。原作に追いついたので、潔く終わったのはいいが、続きをやるにしても何年後になるだろう。

さばげぶっ!:今期1クールもののなかでは一番おもしろかった。少女マンガらしからぬ原作をうまくアレンジしてる。とくにナレーションに玄田哲章を使ったのがすばらしい!

ジョジョの奇妙な冒険:あいかわらすすごいクオリティで満足。

幕末Rock:1話1話は面白かったが、ストーリーものとしてみると全体の流れが意味不明。最初、意味ありげに登場した上様が、結局ただの駄々っ子にしか見えないラストにはがっかりした。どうせ幕末×Rockをやるなら「カノッサの屈辱」みたいのも見たいな。

アオハライド:いい感じの青春物だった。1クールは短すぎる。最後のほうで新キャラも登場したし、2期ある?

ガイストクラッシャー:第1話の馬鹿っぽいのりが好きだったので最後まで見てしまったが、少年向けバトルアニメとしては普通のでき。変態脚本家の西園悟にはこうゆうのは向いてないんじゃないかと思った。

仮面ライダー鎧武:中盤からおもしろくなってきたが、最後のほうは失速した感じ。無駄に戦う男たちはほっといて、舞が黄金の果実を自分のものにすればいいのに。

魔法少女大戦:短いから全話見たけど、やっぱこの尺でストーリーものは無理がある。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。