--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-19(Thu)

「ターザンの復讐」エドガー・ライス・バロウズ(1913)

ターザンの続編です。前回中途半端な終わり方だったが、この続編のラストでめでたくターザンとジェーンは結ばれハッピーエンドできれいに終わった。

今回も前作以上に内容がもりだくさん。ジェーンたちと別れたターザンは、パリにいってスパイ活動をしたり、アフリカでワジリ族の酋長になったり、謎の古代都市を探検したり、もといた類人猿の群れに帰ったり、内容が濃い。

また、ヒロイン級のキャラが前作ではジェーン一人だけだったのに、今回は多く登場してるのも楽しい。人妻のド・クード伯爵夫人、アラブの族長の娘、ジェーンの親友のヘイゼル、謎の古代都市オパルの女司祭長ラー。みんな美人でターザンに好意を持ってるところがまるでハーレム・アニメのような設定だ。しかし、みんな性格的にはあまり面白みがないのが残念。
スポンサーサイト
2014-06-10(Tue)

「類猿人ターザン」エドガー・ライス・バロウズ

早川文庫版を読む。1912年の作品なので、100年以上前の作品ですね。

なんとなく「類人猿ターザン」と思い込んでいたが、よくみたら「類猿人ターザン」だ。「類人猿」と「類猿人」。何が違うのだろう。ちなみにターザンを育てた種族のことは「類人猿」と表記されてる。

それはともかく、タイトルだけは有名だが実際に読んだことのある人はどれほどいるのだろう。私は20年くらいまえに少しはまって読んだことがあるが、改めて読んでみるとほとんど内容を忘れてるな。
なんとなく最後はジェーンと結ばれてハッピーエンドかと思い込んでいたが、ぜんぜんそんなことはなくて、ターザンはジェーンをあきらめることで終わっている。

ストーリー展開はテンポ良く飽きさせない。特に後半になるにしたがってテンポが速くなってる。ターザンがアフリカから文明国に行ってからの展開はかなりはしょってる感じがするな。

驚くべきはターザンの語学力!もともと類人猿の簡単な言葉しかしゃべれなかったのにターザン父が残してくれた絵本などを見て、英語を読めるようになるとは驚き。発音はできないけどね。そのわりに、ターザンという名前をちゃんと英語で綴ってる描写があるのは変な気がするが。フランスの軍人としばらく二人っきりで生活してる間にはフランス語も覚えるし、その後イギリスに現れた際には英語もある程度話せるようになってる。ついでに車の運転まで覚えてる。車を運転するターザンってミスマッチだな。

わからないのが、ターザンを育てた種族。劇中では類人猿と表記されるが、ゴリラとは別種らしい。でも、ゴリラ並みの体格をしてるので、チンパンジーはボノボともちがうっぽい。アウストラロピテクスのような猿人?作者が作った架空の種族なのか?
2014-06-07(Sat)

아스타를 향해 차구차구 2話まで

KBSの公式サイトで2話まで見た。(視聴には、ログインが必要)

やっぱり作画は全体的に残念な感じですね。必殺技のシーンはそれなりにがんばってるけど。
主人公がなぜ選手でなく監督なのか疑問だったけど、やはり健康上の理由がありそうだ。
女子は今のところスジ(Susie?)一人しか登場してないが、次回がチームのオーディション回なので、メインキャラが全員そろいそうだ。

2話までの副題は以下のとおり。AパートとBパートそれぞれに副題があるのはなぜだろう?

第1話
운명의 만남 / 메이르의 위기
運命の出会い メイルの危機

第2話
최강 MVP 타오 / 승부의 시작
最強MVPタオ 勝負の始まり
2014-06-06(Fri)

少年サンデーと福本伸行

実家で80年代後半のサンデーの目次だけを切り抜いて保管してあったのを見つけた。それを整理していたら意外な作家名を発見した。

福本伸行

あれ?この人って「カイジ」とか描いた人だよな。80年代後半に少年サンデーに漫画を描いていたのが意外に感じた。
作者コメント読むと下描きを東南アジアのタイで描いてるとか言ってる。自由だな。

漫画のタイトルは「打ってよチュウちゃん」。1988年の34号から始まって37号で終了してる。つまりたった4回で打ち切りってことか。

調べてみると、まんが王国というサイトで読めそうだ。野球漫画みたいですね。でもなぜか全6話になってる。しかも掲載誌が少年キング?サンデー版とは別のバージョンなのか?よくわからない。

以下スキャン画像
20140516_0199.jpg

20140516_0200.jpg

20140516_0201.jpg

20140516_0202.jpg
2014-06-04(Wed)

韓国アニメ「아스타를 향해 차구차구」ED



EDもいかにもありがちなEDらしいEDだな。
以下、訳。

続きを読む

2014-06-04(Wed)

韓国アニメ「아스타를 향해 차구차구」OP



OPは正統派でカッコイイね。
以下、訳。

続きを読む

2014-06-01(Sun)

映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」

今日は映画の日だったので見に行った。映画館でクレしんの映画を見るのは久しぶりだな。OPの粘土アニメもなつかしい。テレビ放送ではたいていカットされてるからな。
ちょっと調べたら前に見たのは「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」の2006年だ。そのときの感想


とにかく今回はあたりだったな。まさに家族で見てほしい映画だった。ギャグとシリアスの配分もいい感じ。
いきなりのボーグキューブにはびっくりした。巨大ロボ戦の湯浅パートも湯浅さんらしくてすばらしい。婦人警官の人がかわいい。とにかく内容が濃かった。見てよかった。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。