--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-29(Thu)

宇田牧男著「星座の祈り」を読んで

昭和29年1月10日らくだ社発行の少女小説。仙花紙本。

いきなり2行目に

昭和24年12月25日の朝のことだった。



と書かれてある。日付設定が細かいな。天気の描写もしてあるのだが実際に合ってるのだろうか?
舞台となるのは双葉園という育児院。いわゆる孤児院のことですね。主人公は松下雪子とその兄・福太郎。二人は14年前の昭和11年の2月末日、双葉園の松の下に捨てられたのを拾われた。このとき、兄は六つか七つだったが、低脳児のため自分の名前もわからない。松下という性と、福太郎・雪子という名前はこのときつけられた。
福太郎は低脳児だが音楽の才能がありハーモニカばかりふいている。山下清をイメージさせるようなキャラですね。雪子は妹だが、福太郎にたいしては、姉か母のように接している。

続きを読む

スポンサーサイト
2011-09-29(Thu)

三木澄子著「紫水晶」を読んで

昭和27年3月20日ポプラ社発行の少女小説。
この小説、やたら「かあいい」が使われるね。この「かあいい」に萌える!

桃子は、クラスいちばんかあいい花。童話劇のお姫様みたいな少女なのです。(P13)



登場人物
千早桃子:雲雀ヶ丘女学園中等部の2年生。雑誌「少女分苑」に童話とか詩を投稿しており、ペンネームは「渚さゆり」。不思議な縁であるオルゴールを手に入れる。
千早啓子:桃子の姉。同じ学園の高等部3年生。行動力があるが、そそっかしい。「少女文苑」によく投稿している三島さち子のファン。
水木克子:転校生。桃子と同じクラスになる。弟が一人いる。戦後になっても父親はシベリヤに抑留されてる。「少女文苑」でのペンネームは「三島さち子」。
水木晶子先生:桃子のクラス担任。紫水晶と呼ばれる若い女の先生。克子と性が同じなのはただの偶然。
槇三千子:神戸の中学生。重い病気で入院中。
岸中尉:本名ジョージ・岸。シベリヤから帰ってくる。水木先生の恋人?グレゴリイ・ペックに似てるらしい。
サリー・スミス:謎のオルゴールの最初の持ち主の母。

続きを読む

2011-09-16(Fri)

豊田正子の本まとめその3

萩の湯
萩の湯の煙突

豊田正子関連の本で一冊重要なものを見逃していた。
それが、高橋揆一郎著「えんぴつの花」(1989年8月30日文藝春秋発行)だ。
正子本人による著作ではないが、全体の半分以上が、豊田正子に関する内容となっている。(ちなみに、残りは画家の神田日勝に関する文章)

第3者から見た正子の様子がわかって、かなり興味深い内容だった。
正子の著作だけではわかりにくい、戦後の歩みもまとめられており参考になる。
印象に残ったのは「芽ばえ」に関する騒動。その内容が週刊誌などでスキャンダラスに報じられたとは初めて知った。私は「芽ばえ」を読む前に、すでにいろいろ(母の不倫や大木先生との確執など)ある程度知っていたのだが、よく考えれば出版当時には一般に知られてないことが書かれていたわけで、ほどんど暴露本のような扱いをうけたのか。大木未亡人の反論などもあった模様。いまだったら、ワイドショーのかっこうのねただな。

続きを読む

2011-09-16(Fri)

近藤春雄著「春遠からじ」を読んで

昭和26年12月15日偕成者発行の少女小説です。
簡単にあらすじを説明すると、パンジィ・トリオと呼ばれる歌の上手な仲良し3人組が、いったんばらばらになるが、いろいろあって再び仲良くなるという話。

登場人物
千秋澄江:パンジィ・トリオの一人。中等科2年。母をなくし、父も満州で行方不明。伯母と兄・清一との3人暮らし。
芳賀光子:パンジィ・トリオの一人。中等科2年。父親は金持ちで関西弁を話す。
大逹ひろ子:パンジィ・トリオの一人。高等科で澄江の3年先輩に当たる。母と死別し、継母と暮らしていたが、家出して田舎のレビュー劇団に入る。父親は警察に捕まる。
牧野美登里:当時一流の女流声楽家で澄江とひろ子の師匠。
葛原美佐代:澄江たちの学校の音楽教師。光子を個人的に指導している。
藤島栄枝(さかえ):澄江の友達。ひょうきんでお茶目なためみんなから「サザエさん」と呼ばれる。
軽部:ひろ子の小学校の時の先輩で劇団の楽長。
成瀬明:栄枝の知り合いの音楽評論家。

続きを読む

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。