--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26(Sat)

牛次郎著「ぎんざより愛をこめて」を読んで

ぎんざより愛をこめて001

秋元文庫のファニーシリーズの一冊です。カバー・さし絵は津吹孝子。
昭和51年8月20日発行。

私が読んだ秋元文庫の中では一番のヒット!!
とりあえず主人公・鳩山由宇子の奇抜な設定に驚く。なんとストリップ一座の娘が主人公なのだ。母と姉が踊り子で、父がマネージャー、兄が演出を担当。由宇子を将来は踊り子になる気満々らしい。こうゆう設定だけに、この作品はちょっとエッチな学園ものという感じですね。著者の牛次郎さんは漫画の原作(『包丁人味平』『釘師サブやん』『プラレス3四郎』など)も書いている人なので読者の気を引く物語作りが得意なんだな。

ぎんざより愛をこめて004

実はこの本に収録されてるのは3つの作品。それぞれの内容を見ていこう。

続きを読む

スポンサーサイト
2011-02-26(Sat)

赤松光夫著「三等高校生」を読んで

三等高校生

秋元文庫のファニーシリーズの一冊です。カバー・さし絵は金子勝治。
昭和48年10月31日第1刷発行。
主人公は高校3年生の男子・杉田純一。ある日純一の団地の隣に美人姉妹が引っ越してきて、純一は姉のみどりに恋をするが、みどりは純一の高校の菊池先生とただならぬ関係にあるよな・・・というような話。

平凡な内容だけど、みどりの妹・梨枝(高2)のキャラがまあまあ魅力的だった。成績優秀な秀才だが勝気な性格で明るく元気。私の脳内では「それでも町は廻っている」の歩鳥に変換されてる(そうでもしないと、つまらなくて読み終われない)。何で純一は梨枝の方を好きにならなかったのだろう?

後で調べてわかったのだが、この作品1982年に映画化されてるんですね。しかも主演は、野村義男。ヨッちゃんです!一応ビデオ化はされてるみたい。
2011-02-16(Wed)

Magi-Nation season 2

以前韓国SBSで放送された「마법의 별, 매지네이션(魔法の星マジネイション)」の2期が明日から放送らしい。
韓国とカナダの合作アニメですね。
いつのまにか2期作ってたんだ・・・
そんなに人気のある作品とも思えないけど。

SBSの公式サイト
2011-02-14(Mon)

大木圭著「どっちがどっち」を読んで

どっちがどっち001

某古本屋に行くたびにずらっと並んでいる秋元文庫のことはずっと気になってた。いろいろ調べてみると元祖ライトノベルみたいなシリーズのようだ。手を出すとはまるかもしれないと思っていたので敬遠していたのだが、ためしに何冊か買ってみた。そのうちに一冊がこれ。

秋元文庫のファニーシリーズの一冊です。カバー・さし絵はみつはしちかこ。
昭和48年8月15日第1刷発行。もともとは、1966年に秋元書房ジュニアシリーズの1巻として刊行された作品みたいです。さらに、NHKの少年ドラマシリーズとしてドラマ化もされてるので秋元文庫の中ではそれなりにメジャーな作品かも。ドラマ版も見てみたいが、当然のように残ってない。このサイトで写真がちょっとみれるくらい。

こうしてみると少年ドラマシリーズっていろいろなジャンルの作品やってるんですね。今まではなんとなく「タイム・トラベラー」とか「なぞの転校生」とかSF作品ばかりやってるイメージ持ってたんだけど。
ちなみに2002年にドラマ愛の詩枠で放送された「どっちがどっち!」とはまったくの別物です。

続きを読む

2011-02-08(Tue)

「綴方教室」の作家 豊田正子さん死去

「綴方教室」の作家 豊田正子さん死去

「豊田正子」で検索してくる人がいたので何かと思えばこれか・・・
亡くなったのは2010年12月9日なので、ほぼ2ヶ月前。
私が検索した中ではここがいちばんくわしいかな。

いつかは来るだろうと思ってはいましたが、やはりショックです。

そういえば先週の日曜、阿佐ヶ谷を散歩してたらラピュタ阿佐ヶ谷で「綴方教室」を1月に上映していたことに気がついた。知ってれば見に行ったのに・・・
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。