--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-28(Sun)

川端康成の「歌劇学校」を読んで

歌劇学校_001
昭和36年初版ポプラ社発行の少女小説。私が買ったのは昭和37年の再版です。
もともとは雑誌「ひまわり」に連載された小説らしい。

ちょっと調べてみたら懐かしいサイトがでてきた。このサイトの2002年9月22日の部分で引用されてるのは第1回目の冒頭部分だ。つまり、「ひまわり」の昭和24年6月号が第1回目ということか。このときの挿絵は中原淳一。
ちなみにポプラ社版の挿絵は、日向房子。

ポプラ社版の扉には「この歌劇学校はいまから25年ほど前のものがたりです」と書かれている。ポプラ社版の発行年から考えると、戦後に書かれた戦前を舞台にした小説ということか?

全編、友子が女学生時代の友人に宛てて書いた手紙という形式で書かれる(全部で13通)。そのため文の最後は「~しましたの。」か「~しましたわ。」で終わってる。
一読して思ったのは、とにかく主人公の友子が先輩スタアからもてまくる話だということ。
いわば、めちゃモテ歌劇学校状態だ!

また、こうゆう本があることも発見した。タイトルは「川端康成余白を埋める」。
商品の説明を引用すると

川端康成作「歌劇学校」のゴースト・ライターが著者の母であるということについての考証を中心に、代筆の連鎖という現象、川端と舞踊など、著者の父母の代から始まった川端家との交流を通して考察する川端論。



ということらしい。後で読むつもり。

続きを読む

スポンサーサイト
2010-03-21(Sun)

白川二郎作「華の兄妹」を読んで

某国立の図書館で読んだ。
昭和18年6月、分祥社発行の小説。一応、少女が主人公なので少女小説かな?特にはっきりと明記されてないけど。
これはわりと面白かった。戦中の作品なので、内容がおもいっきり軍国主義なのだけど・・・。

登場人物
弓子:本編の主人公。末っ子。兄が3人いる。女学生らしい。
毅一:大兄さん。軍艦の乗組士官。
征二:中兄さん。砲兵隊。
駿三:小兄さん。彫刻家。
大北君:駿三の友達。戦死する。
大北弘子:大北君の妹。17才の彫刻家。

続きを読む

2010-03-21(Sun)

白川二郎「悲しき別れ」を読んで

某都立の図書館で読んだ。
昭和24年淡海堂出版発行の少女小説。長編少年少女小説シリーズ第13篇らしい。
以前読んだ同じ著者の「愛の調べ」がかなり良かったので、期待していたのだが、これはちょっと凡作でした。
とりあえず登場人物をまとめると

登場人物
田村明子:17,8歳くらいの心優しい少女。信助を好きらしい。
田村吾一郎:明子の兄で、日本産業の若社長。元画学生。
勝田信助:日本産業で働いている。芸術家。三太とは幼馴染。
勝田玄吉:信助の弟。単純な性格で、明子を好きになったり嫌いになったりする。
砂江三太:女学校の絵画教師。信助とは幼馴染。吾一郎とは学生時代の友達。
大野為三(ためぞう):ガキ大将だったが、玄吉に喧嘩で負ける。

少女小説といってる割には登場する少女は一人だけというのが、さびしい。

続きを読む

プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。