--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-30(Sun)

特番アニメ「내 꿈은 온에어」追記

調べてみると
このサイトで作品の本編まで視聴可能ですね。専用のソフトをインストールしないと見れないけど。

そういえば、前にも放送前にネットで本編を見たアニメがあったな。
特選漫画「우리 사이 짱이야」
スポンサーサイト
2008-11-28(Fri)

特番アニメ「내 꿈은 온에어」

on_air_005.jpg
特番アニメ「내 꿈은 온에어(私の夢はオンエアー)」
ララのスター日記(きらレボ)を見てたら、番宣をやっていた。
12月3日放送。(世界障害者の日らしい)
進行性視覚障害をテーマにしたアニメですね。

on_air_009.jpg
on_air_011.jpg
このへんのカットが微妙に「時をかける少女」っぽいな。
2008-11-13(Thu)

韓国朝鮮合作アニメ「シムチョン」-京都シネマで日本初公開

シムチョン_photo

韓国朝鮮合作アニメ「シムチョン」-京都シネマで日本初公開

検索して偶然見つけた記事。
京都でやるのか・・・
見たいけど、京都は遠いな・・・
早く、DVD出してくれるといいのに。
2008-11-09(Sun)

マジックキッド・マスリ 第7話

제7화 미소의 아름다운 힘
第7話 微笑の美しい力


今回は、コヤ編の後編。
サマ様に操られているコヤを正気に戻したのは微笑の力だった。
なんだけど、淡々とした演出で、なんとなく元のコヤに戻ったような感じで、盛り上がらない。
物足りないな~。

(ちょうどいまドラマ版の60話以降見てるんだけど、子供になったペク・チャンミが、子供たちとの交流を通して笑いをおぼえていくのに、約10話もかけてじっくり描いているのとは対照的だ。)

結局、正気に戻ったコヤはサマ様に強制送還され再び石像にされてしまった。
2008-11-04(Tue)

レカ三国志 第26話(最終回)

第26話 삼국지연의(三国志演義) 그 후의 이야기(その後の話)

ついに最終回です!
第1話を最初に見たのが2004年の9月6日。長かったな、ここまでくるのに。
15話で打ち切られたときは、もう最後まで見ることはないだろうと、あきらめていので、こうして最終回まで見れたことは、それだけで嬉しい。出来はともかく・・・。

さて、その最終回ですが、今回はほとんどエピローグのような話。赤壁の戦い後の話です。
ユービ(劉備)が死ぬところまでやるため、早足の展開で、なんだか総集編を見てるような感じでした。
それにしても、劉備が死ぬところまでやるとは意外でしたね。
当初、このアニメを見ていたときの予想では、最後は生き別れの妹と再会して、いつまでも仲良く暮らしましたとさ・・・というようなぬるい展開を予想していたのだが、まったく違っていた。妹とは、25話で再会するが、すぐ死亡しちゃう。
その後は、基本的に三国志演義の展開をなぞったシビアな展開です。
カヌは孫権に捕まって処刑されるし、チャンビは部下に殺されるし。ユービも最後には孔明にみとられて亡くなります。

lexa026_026.jpg
カヌ、死亡

lexa026_029.jpg
直接描写はないが、チャンビはこのあと部下に刺されたらしい。

lexa026_036.jpg
孔明に後のことをたのむユービ
lexa026_039.jpg
亡くなったユービをお姫様抱っこする孔明

lexa026_050.jpg
最後は、南華老仙が歴史とはこうゆうものだとか何とか語っておしまい。
うーむ、子供向けにしては奥が深いような・・・。
2008-11-03(Mon)

マジックキッド・マスリ 第6話

제6화 코야의 진실
第6話 コヤの真実


今回はやたら前回までのあらすじが長くて、話があんまり進まなかった気がする。

animagickid006_001.jpg

魔法使いになったプリピは、スリ一家といっしょに魔法の部屋に入れるようになった。この部屋の中ではプリピも強制的に魔法使いの衣装になるようだ。この姿のときは髪が茶髪になるんですね。

後半はいきなりスリの家に現れたコヤの話。
マペとコヤはやはり人間界に来る前から特別な仲だったようですね。とはいっても、もともと愛の感情を知らない彼らは恋人同士という関係でもない。

ところで、実はドラマ版のほうも見続けており、ようやっと60話まで見た。全496話もあるため、まだまだ先は長いが、一旦見始めると続きが気になって、ついつい見続けてしまう。よくできた連続ドラマは中毒性があるね。
ドラマ版でマペが登場するのは51話からなのだが、アニメ版とは随分印象が違うな。ドラマ版では、かなりだらしがないお調子者という感じだ。「ミルガオン」では、もうちょっとましなおじさんだったような気もするが・・・。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。