--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-26(Sun)

マジックキッド・マスリ 第5話

제5화 마법사가 된 풀잎
第5話 魔法使いになったプリピ


animagickid005_010.jpg
というわけで、今回はイスリの妹プリピが魔法使いになる話。魔法サイコロで小さくなったマスリの家族を元に戻すヒントをプリピが与え、そのお礼として魔法使いになることを許される。
人間が魔法使いになるには、イェイェの作った薬と魔法の首飾りがあればいいらしい。意外に簡単ですね。
さっそく、イェイェに魔法の使い方を教えてもらうプリピ。

animagickid005_012.jpg
瞬間移動するプリピ。
一瞬だが、すごい作画になる!ほんの一瞬のことなんだけど結構、目に残るな。

animagickid005_017.jpg
後半、新キャラのコヤが登場した。本来、元老会議派の女性だが、敵のサマ様に洗脳されてるっぽい。ペク・チャンミとナジャルはもう見限られたのか?
次回予告見ると、コヤとマペが戦うらしい。この2人には、なにか因縁があるらしいね。

ところでコヤって、どっかで聞いたような名前だな・・・と思ったら、やっぱり「ミルガオン」にも登場してるな。当時の感想を見ると、59話から62話の間で登場していたようだ。

ちなみに、イスリ一家もミルガオンにゲスト出演してる。16話から18話にかけて登場してる。魔法戦士になるのをためらってるアラを説得するために、人間の魔法使いであるプリピが必要だったらしい。当時見ていたときは、唐突にイスリ一家が出てきて、誰やねん?と思っていたが、今見るとよくわかるな。結局、イスリ一家で魔法世界のことを知っているのは最後までプリピだけだったみたいですね。マスリと同年代のイスリにくらい正体を打ち明けててもいいような気がするけど・・・。
スポンサーサイト
2008-10-21(Tue)

韓国版「プリキュア Splash Star」OP, ED

いつのまにかチャンプで放送されてたんですね。





基本的に日本語版と同じような感じですね。
タイトルは「프리큐어 Splash Star」
前のシリーズまで付いてた「빛의 전사 (光の戦士)」がなくなったようだ。
2008-10-19(Sun)

マジックキッド・マスリ 第4話

제4화 마법주사위의 눈물
第4話 魔法サイコロの涙


今回のペク・チャンミの作戦は魔法のサイコロで、マスリの家族を小さくしてしまう。たまたまその場所にいなかったマスリだけはその魔法にかからなかったんだけど、家族を人質にとられて、虹の核を要求される。

animagickid004_003.jpg
絶体絶命のピンチに現れるマペ(スリのおじいさんの弟)!
魔法のサイコロをぶっ壊して、ペク・チャンミを追い出す。
パターンだと、サイコロを壊した時点で魔法は解けるものだが、小さくなった家族は小さいままだ。誰も魔法を解く方法を知らないらしい。どうしていいかわからず、途方にくれたまま次回へ続く・・・

ところで、マペといえば「ミルガオン」にもミルやカオンの父親役としてレギュラー出演していたので自分にも馴染み深いキャラなのですが、ドラマ版ではなんとなく頼りない感じのおっさんだったけど、アニメでは結構怖くて強そうなおっさんですね。
2008-10-14(Tue)

韓国アニメDVD「하얀물개」「クルクルと仲間たち」

注文していたDVDが今日届いた。

white_seal_000.jpg
curucuru_001a.jpg
curucuru_002a.jpg

一番ほしかったのは「하얀물개 (The White Seal)」で、「クルクルと仲間たち」(人形アニメ)はついでって感じですが、どちらも良心的なよくできた作品だと思います。とくに「하얀물개」は作画の丁寧な仕事ぶりがいいですね。

「하얀물개」は勝手に全話収録してあるものと思い込んでいたが、最初の4話しか入ってない。1話10分程度の作品だから、全13話入れてくれたっていいのに・・・。ちょっとがっかりですね。ちゃんと続きも出してくれるといいんだけど・・・。

それはともかく驚いたのは劇場版の映像がおまけで付いてたこと!
劇場版なんて作ってたのか!
タイトルは「하얀물개와 신비한 달빛연못(白アザラシと神秘の月光はす池)」。
韓国の時代劇に出てくるような歴史的建造物が舞台で、魑魅魍魎みたいなのがいろいろ出てくる。なんとなく「千と千尋の神隠し」的なイメージ。
まだ公開されてないと思うが、早く見て見たい。

ところでこの作品、以前は「アニマル横町」を良心的にした感じの作品と説明した気がするが、今見ると「スージーちゃんとマービー」に雰囲気が似てることに気づく。このアニメもかつて全話分の感想を書いたことがあるほど好きな作品だけに、私が「하얀물개」にはまったの当然と言うことか。
以前作った「スージーちゃんとマービー」のページ

하얀물개公式サイト

クルクル公式サイト
2008-10-13(Mon)

ポプラ社文庫版・吉屋信子の少女小説コンプリート!

ポプラ社_007a
といっても写真を見てわかるように、半分は図書館で借りた本なんですけど・・・

このポプラ社文庫版は1977年発行で、全10冊らしい。「花物語」が上巻だけで終わってるのが中途半端だけど。
復刻版を別にすれば、このシリーズが現役で少女たちに読まれていた最後の時代なのかな。1977年といえば、私がすでに生まれており、ひょっとしたら学校の図書館とかに普通にあったかもしれないと思うと、なんか悔しいな。

せっかく全部そろったので、表紙をスキャンしてみた。

続きを読む

2008-10-12(Sun)

マジックキッド・マスリ 第3話

第3話 ペク・チャンミを捕まえろ

今回はペク・チャンミたちと本格的に戦う話です。

マスリのおじいさんは人間界で戦うことには反対だが、姉のマ・イェイェは善良な弟をそそのかして、2人で敵のアジトを探しに遊園地へ行く。
魔法の笛で敵を踊らせまくったり、瞬間移動で鬼ごっこしたり、最後は変身して光線技使いまくりです。夜の遊園地を舞台に派手な戦闘するマスリたちだが、観客はただのレーザーショーかなんかと思ってるようだ。
結局、敵を取り逃がして家に戻ってきたイェイェとマスリはおじいさんにしかられ石にされてしまった。

と、まあ今回は、盛りだくさんの内容だったわけだが、そののわりにはいまいちテンポが悪いような気がするな。

ところで、ドラマ版のほうも気になって少し見てみた。(なんと公式ページのVODサービスは、まだ生きてるんですね。低画質版なら今でも全話見れそう。)
もともと帯番組のドラマ版は、やはりテンポがゆったりとしてますね。マ・スリが正式に小学校に転校してくるのが10話になってからだし、敵のペク・チャンミが初登場するのは16話になってからだ。余裕があるぶん、マスリたちが人間界になじんでいく様子が丁寧に書かれているな。アニメ版ではそのへんが、かなりはしょられてるのが残念だ。
2008-10-10(Fri)

韓国アニメ「ギガトライブ」無料公開中

スタジオカープのブログで無料公開中!!

しかい、期間は放送後2日間だけ。
しかも、現在重くてほとんどみれないよ・・・
2008-10-09(Thu)

韓国アニメ新番組「ギガトライブ GIGA TRIBE」

「ギガトライブ GIGA TRIBE 기가트라이브」
今日8日から韓国SBSで始まったアニメ。
コミカル・ヒーロー・アクション・アニメって感じ。

主人公の少年が、どうゆうわけかトライブ・キャプテンとなり、戦隊ヒーローみたいな4人のヒーローを従えてモンスターと戦います。
作画は良好ですね。ヒーローの変身シーンもいい感じ。
ヒロインもかわいいし、天然ボケのママもいいな。

今回の話は、クラスのジャイアンみたいなやつが敵のマスコットキャラみたいなのに何かされてモンスター化してたが、毎回こうやって誰かをモンスター化するのかな。

公式サイトを見ると、この戦隊ヒーローみたいな4人にはそれぞれ対応する巨大ロボットがいるみたいだが、巨大ロボは3DCGなんですね。第1話ではまだ登場しないが、プロモ映像とか見ると、なんか安っぽいCGだな。2D作画とのギャップが気になる。この3Dは、なんとなく特撮番組の「守護戦士マックスマン」の3DCGを思い出した。

公式サイト
オープニングなどの動画はここらへん
おもちゃもあるよ。ロボットはそれぞれ変形するのか。
2008-10-08(Wed)

太陽の使者 鉄人28号

最近、東京MXテレビではじまった。

作画的にすごいというアニメなので1話から見てるのだが、今日放送の「7話 死を呼ぶ人工衛星」はばりばりの金田作画で燃え燃えでしたね!もう始まった瞬間、今回はいつもと違う!と気づきました。落ちてくる人工衛星を受け止めると言う地味そうな話を、よくもここまでおもしろくしたもんだ。
明日放送の8話は、宮崎駿作画もあるらしいので、そっちも楽しみだ。

実は、この番組は子供のころ少し見た記憶があるのだが、当時は作画の事なんか全然気にしてなかったな~。
2008-10-05(Sun)

マジックキッド・マスリ(매직키드 마수리)第2話

第2話 人間世界に来たペク・チャンミ

というわけで、今回は敵のペク・チャンミとその部下ナジャルがやってくる話。

animagickid002_004.jpg
冒頭、いきなりマスリが教室で泣いてる女の子から涙を採集してるシーンから始まる。もう普通に学校に通っているのか。できれば初登校のシーンとか転校生として紹介されるシーンとか見たかったのだが・・・。姉のイェイェも制服着てたので中学校に通っているのだろう。

animagickid002_012.jpg
イェイェは、さっそくカッコいい男の子(隣の家の親戚の少年)を紹介されて、ドキドキしてる。初めて知る恋の感情にとまどうイェイェがいい!
ちなみに、イェイェの髪の白っぽい部分はハイライトではなく、白髪です。どうやら魔法世界の住人は、みんな頭の両側に白髪があるらしい。

人間界にやってきたペク・チャンミはいきなり遊園地にやってきて、そこにこっそりアジトをつくる。マスリたちの家は水晶ですぐに見つけられたが、結界が張られてるらしく、家の中までは見ることができない。そこでマスリの担任の先生に化けて、家庭訪問をするが、イェイェに見破られて逃げる。
この時イェイェが変身するのだが、その変身バンクがオープニングで使ってるのと同じで、髪や服の色が違うため、つながりが不自然ですね。これ、直さないのだろうか?
2008-10-05(Sun)

七ちゃん夢日記その2 ver0.7



久々に自主制作関連の記事です。

現在製作中の「七ちゃん夢日記その2」の
途中まで作ったカットをつなげてみた。
速すぎて、わかりづらいところが多いな。

これでだいたい全体の7割程度です。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。