--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-30(Thu)

0829 Winx Club 韓国版第20話

도미노 왕국을 찾아서(ドミノ王国を探して)

今回は闇の軍団の第2次攻撃により

ついに陥落するレッドファウンテンと、

ブルームの失われた力を取り戻す探索話。

いよいよトリックスの攻撃も本格的になってきたね。レッドファウンテンを落とした今、次の標的は当然アルフィアだ!

レッド・ファウンテンの生徒たちが逃げ込んだのは妖精学校アルフィア。女の園に逃げ込む男たちというのも、ちょっと情けない気がしますね。

一方、Winxの5人はブルームの力を再び探すためドミノ王国に向かう。ドミノ王国は雪と氷におおわれているため、みんなコート姿だ。このコート姿もおしゃれなのがいいな。
そこで、巨大な白いモンスターに攻撃される一行。ステラだけが変身して戦う。変身すると露出度が多くなって寒そうだが、大丈夫なのかな?魔法の力が働いてるので寒くないのかも。
最後は、ブルームが地割れに落っこちたところで次回へ続く。
スポンサーサイト
2007-08-29(Wed)

Winx ClubのDVDについて

実は、イタリア版のDVDを買ってしまった。
それが、昨日届いたのでジャケットイラストを見ながらニヤニヤしっぱなしですよ。

DSCF0013+.jpg

テーブルの上に並べてみる。

DVDは前からほしいと思っていたのですが、いろんな国から発売されてるんですよね。どの国のを買おうか迷っていたのだが、結局はやはりオリジナルのイタリア版だろう!ということになってイタリア版を買ってしまった。
いきなりイタリアの通販サイトを使うのは不安だったけど、この「イタリアの本・DVD・CDの買い方」というサイトや翻訳サイトを参考にして何とか注文できた。

しかし、このイタリア版、調べてみると変な発売のされ方してるんですよ。
まず、シーズンごとの巻数が違う。どのシーズンも全26話なのに。シーズン1は全6巻、シーズン2は全9巻、シーズン3は全13巻となっている。要するに1巻ごとの収録話数が違うわけですよ。シーズン3なんて1巻に2話しか収録されてない。そのくせ値段は他のシーズンとたいしてかわらないから、ずいぶんぼったくってる感じがしてやだな~。ジャケットイラストが増えるのはうれしいのだが・・・。しかも、シーズン3だけ英語音声がついてないのだ。そうゆうわけで今回はとりあえず、シーズン3は見送って、シーズン1と2だけ買った。
またシーズン1と2には、ばら売りとセット売りがあるのだが、安いセット売りを買った。安い分、特典映像とかがないかもしれないと不安だったが、実際には物自体はばら売りのものと同じなので、そんな心配は無用だった。
ためしに、シーズン1第1巻を見てみたら、映像特典としてアニメを制作してるスタジオの様子やWinx人形のCMなどが入っていた。

DSCF0016+.jpg

シーズン2第1巻の中身。ミニぬりえブックや写真入れ?などがおまけにはいってる。

ちなみに、イタリアのDVDのリージョンは日本と同じリージョン2ですが、PAL版なので日本の通常のプレーヤーでは見れません。パソコンだと見れるらしい。自分の家には格安のリージョン・フリー・プレーヤーがあるのだが、ためしにそれを使ってみたら、あっさり見えてしまった。
2007-08-28(Tue)

東京アニメセンター 3Dシアターで韓国アニメ特集上映の件

東京アニメセンター 3Dシアターで韓国アニメ特集上映

結局、3日とも行ってきた。金曜はバイトを休んでまで見に行った。
上映された作品は以下のとおり

24日
グリーンナイツ 第1話(字幕なし)
クンヤクンヤ 第1話(英語字幕)
カード王ミックスマスター第1話(字幕なし)
25日
漢字王朱豪 第1話(英語字幕)
アニ・フランチェスカ 第4話と第5話(日本語字幕)
少女チャングムの夢 第1話(日本語吹き替え版)
26日
イソップシアター 第1~3話(英語字幕)
Z-Squad ロンピの復讐(英語字幕)
ポンポンポロロ 4話くらいまとめて上映(日本語吹き替え版)

見てのとおり日本語でまともに鑑賞できる作品がやけに少ない。英語字幕があるのは、まだましな方で、それさえもないのはずいぶん不親切だな。

第1話が放送される作品が多い中、Z-Squadはデブの復讐話だった。韓国での放送順で行けば、第10話になる。冒頭のホッケーシーンが楽しく、後半トロッコの追っかけシーンがスピード感があって大好きな回なので、これはうれしい。ただ字幕が時々なくなってることがあるのが気になった。なんだか中途半端な字幕だったな。それにしても、改めてみると、むちゃくちゃなストーリーだ。

アニ・フランチェスカは今回はじめてみた。これだけちゃんと日本語字幕をつけてきたのが好印象ですね。最初はカートゥーンっぽい作品かと思っていたが、もっと日本のアニメよりの絵が多く、なんだか中間的な印象を受ける。というかかなりごちゃ混ぜ感が強い。この辺のでたらめさ加減がこの作品の魅力なんだろう。意外におもしろかったよ。特にあのちっこいメガネっ娘はいいな。設定上は一番の年寄りらしいけど。内容は、まあ文字通りの猟奇コメディって感じ。

ポロロの日本語版は初めて見たが、ポロロの声はケロロの人なんだ。今にもポロロが軍隊口調でしゃべりだしそうに思えてしかたがなかったよ。ポロロって、名前もケロン人っぽいし。

ちなみに、入場者数は1日目が15人程度(韓国人の子供が数名いた)。2日目は、さらに少なく、10人ちょっと、3日目はちょっと多めで20人以上いたかな(なぜか中国人の子供がいっぱいきてた)。

アンケートに記入して提出すると、500mlペットボトルのC.C.Lemonを2本もくれるサービスつき。3日で6本ももらってしまった。
2007-08-26(Sun)

パワパフガールズZ 韓国版ED訳

遅くなったがEDも訳してみた。
OP以上に日本語版とおなじような内容なのがわかる。
韓国版OP,ED
-----------

続きを読む

2007-08-24(Fri)

Winx Club シーズン3の気になるキャラ

現在4kids版のシーズン3を見てる途中なのだが、残りエピソードが少なくなってくると、だんだん見るのがもったいなくなるね。これがもう最終シーズンなのだから、これを最後まで見てしまうと、もう見るものがないからな~。


それはともかく、シーズン3で登場するキャラの中ではこの娘が一番気になる。キメラというらしい。
ゴスロリメイド風の衣装がたまらん。初登場時は、お供を二人連れていて3人組として登場したのだが、いつのまにかお供の二人は登場しなくなったのが悲しいな。やはり、ここは3人組でないと。
上の動画はシーズン1の第1話から。ステラとピザをめぐって争うシーン。
2007-08-24(Fri)

0823 Winx Club 韓国版第19話

매직스가 위험해(マジックスが危ない)

ついに来た!
いよいよ今回からトリックスとその他の勢力との

全面戦争開始だ!

圧倒的なパワーでクラウド・タワーを制圧するトリックス!
復活する闇の軍団!
その軍団に襲われる妖精学校アルフィアとレッド・ファウンテン!
トリックスに見捨てられるレイブン!
スカイ王子の婚約者ディアスプロも中途半端に登場!


などなど怒涛の展開が続く。いかにもシーズン・クライマックスって感じで盛り上がるな。まだまだ先は長いのだが・・・。
トリックスがクラウド・タワーを襲ったとき、校長先生がちゃんと生徒たちを助けようとしてるのが印象的だった。いつもは恐そうだけど、意外に生徒思いなんだな。
トリックスが召喚した闇の軍団は虫けらの集合体のようなものだった。一匹一匹は小さくて踏み潰すことも可能だが、とにかく数が多い。グジョグジョ群れてるシーンは気持ち悪いな。さらに合体して巨大なモンスターにもなる。
黒いじゅうたんのように襲ってくる敵に対し、妖精たちは全員変身して戦います。本編中、ウィンクス以外の妖精たちが変身して戦うのは今回が初めてかな。一方、ブルームだけは力を奪われてるため変身できない。

とりあえず今回の攻撃は挨拶程度だったみたいで、最後はトリックスが軍団を呼び戻すところで終わった。
2007-08-24(Fri)

0822 Winx Club 韓国版第18話

용의 불꽃 에너지(龍の火花エネルギー)

今回は傷心のブルームが地球のガルデニアに里帰りする話。

日本的演出では、誰にも言わずに置手紙だけ残してこっそり出て行くというのが一般的だと思うが、ブルームはちゃんと学校を出ることをみんなに打ち明けるんだな。当然、みんなに反対されるが、結局は夜こっそり出て行くことになる。

地球にはどうやって帰るのか気になっていたのだが(来るときはステラの瞬間移動能力を使っていたし、13話ではすでに里帰りしたところから話が始まってるし)、一旦なぜか街に出てから人気のない場所で自力で瞬間移動したみたいだ。しかし、4kids版ではここがステーションということになっておりステーションらしいアナウンスが聞こえる。

一方、トリックスもブルームを追って地球にやって来る。今回の一番の見所はガルデニアの街を舞台にしたブルームとトリックスのガチンコバトルですね。夜のビルの谷間を飛びながら戦う状況は、それだけで燃える!こうゆうのを見たかったんだよ!ただ、街を破壊するほどの大バトルをするわけではないので、一般の人々にはほとんど気づかれない。ただ、遠くで見ているカップルがバトルの様子を嵐が近づいてると勘違いする程度だ(4kids版では花火と勘違いしてる)。

結局、ブルーム一人ではトリックスにかなわず、ドラゴン・ファイヤーをうばられてしまった。ついでにブルーム出生に秘密も明らかに。
2007-08-23(Thu)

0822 チャングムの夢 第2期 第22話

제 22 화 뜻밖의 만남(意外な出会い)

今回は前半のアクションシーンが見所なんだけど、とにかく作画がすごい!!しかも、濃い!!動きまくりで、むちゃくちゃ気合が入ってますね。しかし、ストリーミングの画質ではなにがなんだかわからない部分も多いのが残念だ。繰り返しも多かったし。

janggeum02_022_002.jpg
これが、チャン・スロ?!

戦うのはミン・ジョンホたちと刺客団の5人。この5人、「서북오마」とか言うらしいが、どうゆう意味?「西北五馬」という漢字を当てるのか?この5人の構成は、覆面をしたリーダー、大男、普通の剣客、変身チビ、鞭使いの女だ。

そして、今回一番の驚きだったのはサブタイにもある意外な出会い!
ヘヤ医女ついに再登場だ!!(ついでに、ユン・ファンも)

janggeum02_022_006.jpg

もう医女じゃないので、ヘヤ医女というのは変かな。とりあえず、ヘヤ姉と呼んでおこう。
とにかく、ヘヤ姉が強くなって帰ってきたのがうれしい。強くなってるように見えるのは作画のせいかもしれないが。
もっともヘヤ姉の登場は、前回の予告でネタバレしていたのであまり驚かなかったが。それでも、ひょっとしたら似てる別人かもしれないと思って心配していた。ほんとうに、ヘヤ姉でよかったよ!

後、意外な出会いといえば、もう一人意外な人物が登場してきた。こっちは予告でネタバレしてなかったので、すなおに驚いたよ。それは、ミン・ジョンホたちの師匠。この人、まだ生きてたんだ。しかも、冗談みたいに強い。最強キャラだな。

戦闘も終わって、後半はねたばらし大会。

仲良く登場したヘヤ姉とユン・ファンの仲が明らかに!

続きを読む

2007-08-22(Wed)

パワパフガールズZ 韓国版OP訳

実はすでにOPだけは訳してあるので先にアップしておく。
例によってほぼ直訳です。微妙な違いはありますが、日本版とほぼ同じような歌詞の内容ですね。
韓国版OP

--------

続きを読む

2007-08-22(Wed)

パワパフガールズZ 海外初 韓国で放映開始

パワパフガールズZ 海外初 韓国で放映開始

こちらのサイトでもすでに触れられてますが、すでに8月10日から韓国のCNでも放送されてたんですね。

韓国の公式ページ

キャラの名前は主人公3人が微妙に変えられてる(モモ、ミヤ、カオ)以外は、ほぼ同じかな。ユートニウムは博士でなく、ちゃんと教授だ。

マルチメディアのコーナーでは韓国版のOPとEDや番宣が見れます。ご丁寧にダウンロードするためのボタンがついているとは親切だな。
歌の歌詞は後で訳してみよう。
2007-08-22(Wed)

東京アニメセンター 3Dシアターで韓国アニメ特集上映

東京アニメセンター 3Dシアターで韓国アニメ特集上映

東京国際アニメフェア公式サイトのスケージュール表

上映作品:『グリーンナイツ』『クンヤ クンヤ』『ミックスマスター』『漢字王朱豪』『アニ・フランチェスカ』
『少女チャングムの夢<第1話>』 『イソップシアター』『Z-Squad』『ポンポンポロロ』

とりあえず萌え系の「Z-squas」は必見ですね。
2007-08-18(Sat)

0816 Winx Club 韓国版第17話

비밀 속의 비밀(秘密の中の秘密)

ついに登場したスカイ王子の婚約者・ディアスプロ!登場回数は少ないが、なかなかの萌えキャラです。性格的には、ちょっとステラとかぶってるような気もするけど。ちゃんと彼女にも変身バンクがあるところを見ると、彼女もブルームたちと同様に妖精なのか?妖精学校には行かない妖精もいるのかな?

今回の見所は、ブルームにとっては恋のライバルとなるディアスプロとブルームのガチンコバトルですね。といっても、ブルームは彼女を魔女と勘違いして戦うことになるのだが。しかし、ディアスプロがスカイ王子のことを婚約者と言っただけで、彼女を魔女と決め付けるブルームは、いくらなんでも短絡的だな。最近、スカイから冷たくされてて、あせっていたのか?ちなみに、4kids版では、ディアスプロがアイシーの口癖である「ルーザー(負け犬)」を口にしたことから、ブルームは彼女を魔女のアイシーと決め付けてるようだ。どっちにしても、短絡的だよ。

そして、ディアスプロの登場で明らかになったスカイ王子とブランドンの秘密。二人は名前と身分を交換していたのだった!つまり、いままでステラがスカイ王子だとおもっていた方が、従者のブランドンだったのだ。これを知ったときのステラの屈辱感も混じったような驚きのなんともいえない表情が印象的だった。
2007-08-12(Sun)

幻のスペインアニメ「スーパーモデル Super Models」

最近、Winx Clubを見ていると、急に昔見た「スーパーモデル」というスペインのアニメのことを思い出した(2001年にキッズステーションで放映)。4人のスーパーモデルが世界を股にかけて大活躍するアニメなのだが、キャラデザがいかにもアメコミ調のごっつい感じでぜんぜん萌えなかった気がする。もしこれがWinx Clubのようなキャッチーなキャラデザなら、もっと人気も出ただろうな。とはいえ、もとのキャラデザが具体的にどんなだったかすでに記憶があいまいなので、ちょっとネットで調べてみたのだが・・・

ぜんぜんねぇ!動画はおろか、画像一枚たりとも見つからないってどうゆうことよ!俺の探し方が悪かったのかな?

このへんのリストサイトから製作会社がB.R.B.INTERNACIONAL,S.Aと判明したので公式サイトを見ても、スーパーモデルのスの字もないし。

とりあえず、英語版ウィキペディアのB.R.B.INTERNACIONALの中の作品リストに「Super Models 」を見つけた。1998年の作品なのか。

ちなみに自分は放送当時、短いながらも1話ごとに感想を書いてあるのだが、ひょっとして自分が一番スーパーモデルに詳しいサイトを作ってたのだろうか?当時から日本でこんなアニメの感想かいてるのは俺だけかもと思ってたが、日本どころか世界中でも俺だけだったとしたら、ちょっと悲しすぎる・・・。

スーパーモデルについてはたいした成果がなかったが、スペインのアニメをいろいろ調べていて、いろいろ気づいたことがあるので、以下に書いておく。

韓国の幼児番組「ポッポッポ」で最近やってる3Dのミニアニメ「ポコヨ」は実はスペインとイギリスの合作アニメだった。日本ではWOWOWで放送されてたのか。
http://www.pocoyo.com/

韓国アニメだと思っていた「Iron Kid」はB.R.B.INTERNACIONALと韓国の会社との合作だった。

昔、NHKの衛星アニメ劇場で見た「森の妖精ノーム」の製作会社はB.R.B.INTERNACIONALだった。あのオープニングの歌詞はスペイン語だったのか。

ギサクって一体・・・
スペインにもやっぱりアニメもどきのアニメーションがあるんだな。
調べてみたら、すでに日本でも公開されてるのか。ぜんぜん知らなかったよ。
2007-08-10(Fri)

0809 Winx Club 韓国版第16話

악몽을 부르는 괴물(悪夢を呼ぶ怪物)

今回は敵のトリックスが怪物をウィンクスの元の送り込み、それとウィンクスが戦うという基本に忠実なプロットだ。

その怪物はウィンクスに悪夢を見せてエネルギーを吸い取って巨大化する。深夜、寝ている美女の覆いかぶさる怪物の構図が多く、いかにもB級ホラー映画っぽい雰囲気が楽しい。
ミューサの悪夢シーンでは、いかにも中華っぽいBGMが流れてた(4kids版だと、普通のサスペンス調の曲になってる)。ミューサって、やはり東洋の神秘担当なんだな。
ウサギのキコは、今回はあっちこっち走り回って大活躍ですね。
前々回で、かぼちゃにされた魔女っ子ミルタは、フローラのおかげでなんとかしゃべれるようにはなった。しかし元の姿に戻るのはまだ先か。

ウィンクスの力を吸い取った怪物はますます強くなり、ウィンクスの方はますます弱っていき、さらにトリックスまで参戦してくる。このままだとどうやってもトリックスの勝利だが、戦ってるのが妖精学校の中庭のため、騒ぎで目が覚めた校長が参戦してきた。校長、強い!実は、一番強いのか?最後は、校長とブルームの連続攻撃で怪物を倒した。
2007-08-09(Thu)

0808 チャングムの夢 第2期 第21話

제 21 화 은빛바다의 소용돌이(銀色海の渦巻き)

炎につつまれた小屋からなんとか脱出したチャングムたちは、ようやっと目的の村に到着した。
しかし、村人たちは冷たく、チャングムたちに協力的でない。特に村長が、がんこじじいっぽいな。
チャングムたちは人心をつかむため、冷麺をつくったりする。

また、時々謎の少女が現れてチャングムに何かを警告しようとするのだが、この少女の正体が実は・・・というところで今回は終わり。この少女、しきりにチャングムから情報を聞き出そうとするのだが、チャングムたちが村に来た理由も知らずに、チャングムを狙ってるのか?

それはともかく、今回一番衝撃的だったのは、チャングムが村の風景を見たときのリアクションですよ!どうやら村の風景になにか見覚えがあるような様子だ。一瞬だが母親との思い出を回想するようなシーンもあった。ひょっとしてこれは、アニメ版独自の母親との思い出話が用意されてるのか?
次回のサブタイである「意外な出会い」というのも気になるな。予告見る限り、かなりアクション編っぽいが。
2007-08-09(Thu)

0808 Winx Club 韓国版第15話

봉투의 유혹(封筒の誘惑)

今回はブルームが拾ったテストの解答用紙をめぐる話で、変身とか戦闘はなし。

ちっこい先生( Professor Wizgiz )がいきなり明日テストをすると言ったので、不満な生徒たち。その後ブルームは先生が落とした封筒を拾ってしまう。封筒の中には明日行われるテストの解答用紙が入ってるらしい。ブルームは封筒をどうするか、みんなと相談するが、みんな悩みまくる。結局、ブルームが学校の厨房に隠すことになるが・・・
ブルーム以外の4人は、夜中にこっそり忍び込んで封筒を探すのだった。
このシーンはほとんどコントみたいで楽しい。4人それぞれが暗闇の中うろうろしてるがお互いの存在にまったく気づかないのだ。このときのBGMが妙にムーディな感じなのも変だな。ブルームが厨房の明かりをつけるまでこのコントのような状態が続く。

最後は、実は封筒には意外な罠が仕掛けてあることが判明する。
正直者が試験に合格するという話でした。

ところで、韓国版では封筒に何もかかれてないのに、なぜ中身が解答用紙だとわかったのが疑問だったのだが、4kids版ではちゃんと封筒に「WIZGIZ QUIZ ANSWER SHEET」と英語で書かれてあるのでわかりやすい。オリジナルのイタリア版ではどうなってたんだろう?
2007-08-06(Mon)

0801 チャングムの夢 第2期 第20話

제 20 화 죽음의 숲(死の森)

前回助けた発明少年の話からチャングムたちが探している村は、その少年の故郷であることが判明。さっそくその少年の案内で故郷の村へ向かう一行。ここからの旅はミン・ジョンホもいっしょだ。

村へ通じる道は迷路のようになっているが、自信満々でみんなを案内する少年。しかし、結局迷ってしまう。役立たずの少年だと思ったが、どうやらどこからともなく聞こえてくる鈴の音に惑わされたらしい。すでに夜、暗闇の中、鈴の音の正体を探るミン・ジョンホ。鈴の音をあやつる謎の白髪の男を発見。戦闘になるが、ミン・ジョンホはすぐに鈴の音の催眠術にかかって、崖から落ちそうになる。そのとき、現れたのがチャン・スロ。謎の男はチャン・スロにも催眠術をかけようとするが、かからない。バカにはきかないということか?
スロと謎の男が戦い始めるが、術にかかったミン・ジョンホには二人ともスロに見えてしまう。どっちが本物?迷っていると一方のスロが「ぼけっとしてないで助けろ」とか何とか言ったことで、正体がわかった。本当のスロなら自分に助けなんか求めないはずだ!
さすが親友同士。相手のことをよくわかってるな。
結局、追い詰められた謎の男は自分から崖を飛び降りた。

その後、山の中で一軒家を見つけた一行は、そこにとめてもらうことにする。倉庫のような建物に通される一行。しかし、安心したのもつかの間、その家の人たちが倉庫に火を放ったのだった。なぜ?倉庫が炎につつまれたところで次回へ続く。
また火攻めか!最近、こんなんばっかだな。
2007-08-03(Fri)

0802 Winx Club 韓国版第14話

블룸의 과거(ブルームの過去)

今回はいままでちょい役だった魔女っ子ミルタが大活躍だ!

ミルタは魔女なのだが、不良ばっかりの魔女の中ではただ一人のいい子ちゃんです。
親友のルーシーがアイシーたちトリックスの仲間になろうとするのを最後まで反対していた友達思いの彼女ですが、当のルーシーからは絶交され、とうとう学校で独りぼっちになってしまう。
今回はそんな彼女がブルームを助けるために、いよいよ本格的にアイシーたちと戦うのだ。しかし、最後は巨大なかぼちゃに変えられて今回は終わり。あんまりな扱いだ・・・。魔女たちの中では一番のお気に入りキャラだったのでもっと活躍させてほしいんだけど。

ちなみにミルタの得意技は幻影魔法。しかし、トリックスの中でも一番ドジな末っ子のストーミーにしか通じないのが悲しい。

ところで、エピソードタイトルは「ブルームの過去」だが今回明らかになったのはトリックスの偽情報だけで前回判明した以上のことは、まだわかってない。
2007-08-02(Thu)

0801 Winx Club 韓国版第13話

출생의 비밀(出生の秘密)

今回はブルームの出生の秘密が一部明らかになる重要な回。

妖精学校が休みになったので故郷へ戻ってきたブルーム。地球が舞台になるのは1話以来ですね。久しぶりに再会した両親と過ごすブルームは本当に幸せそうでなごむ。父親は消防士で母親は花屋を経営している。今回はとにかく、この家族の絆の強さが印象的だった。

だが楽しいひと時も続かず、ママの花屋が悪徳業者に狙われ、つには放火までされてしまう。炎に包まれる店の中でブルームは過去のビジョンを見てしまう。それはある火災現場で父親が赤ん坊の自分を助けるものだった。赤ん坊は魔法の防御シールドで保護されており、明らかに普通じゃない。(4kids版ではさらに父親に天の声が聞こえる演出があり、わかりやすくなってる。)
自分が両親の実の子でないことにショックを受けるブルーム。それでも変わらない家族の愛にちょっと感動してしまった。ブルームの成長過程が回想される演出もいいな。

ところでブルームって地元では友達いないのか?今まで登場した同年代の子は近状のいやみばかり言う意地悪なメガネっ娘ひとりだけなんだけど。ひょっとして友達はウサギのキコだけ?意外にブルームって幸薄い子なのかも。単にスタッフがその他の友達の設定を作るのが面倒だっただけかもしれないが・・・。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。