--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-31(Tue)

1028 少女チャングムの夢

第20話 風変わりな料理人

今回はチャングムたちが宮中を追い出されたり、チャンイとの別れがあったりと悲しい場面が続きますが、キム・ユとの出会いからもう前向きになるチャングムはたくましいな。
キム・ユの日本語版の声は中博史さんだ。中博史さんというと個人的には「スタートレック・ヴォイジャー」のドクターのイメージが強いのだが、じじくさいドクターと違ってキム・ユの声の演技は随分若々しく感じるな。

ところで韓国で放送されたときは以下のような説明字幕がついてたのだが、NHKの放送でな何もなかったな。

janggeum020b_001.jpg
「가시:食酢の原料として使用する発酵細菌」

janggeum020b_002.jpg
「수운잡방(需雲雜方):탁청공(탁청정(濯亭)?) 김유(金綬)(1481~1552)が書いた国内最古の料理書」

初見時の感想
スポンサーサイト
2006-10-29(Sun)

円光法師登場!(花郎戦士マル107話まで)

maru107_001.jpg

ウォンスルランが消えてしまってからは、キジョンがリーダーとなって花郎たちをまとめなければならないのだが、どうもうまくいかない。やはりキジョンでは、頼りないな。一方、コガンたちはウォンスルランがいなくなって気落ちしている花郎たちを一人ずつ始末する計画を立てる。その最初の標的はタハムで、コガンに攻撃されたタハムは花郎の魂が抜け出て、普通の小学生に戻ってしまう。どんどん悪い方向に話しが進んでいくのだが、ここでようやっとウォングァン法師(圓光法師、円光法師)が登場。デブのウォンギョンに乗り移って、マルたちと協力し、タハムに花郎の魂を戻すことに成功する。今後はウォンギョンに乗り移った法師が花郎たちを指導することになる。また、ウォンスルランを復活させる方法も示されたようだ。どうやら敵の水晶球が必要らしい。

公式ページのウォンギョンの説明では当初から、円光法師の魂が乗り移ると書いてあるのだが、いまごろになってこの設定が使われるとは驚き。俺はてっきり没設定になったのかと思っていたのだが・・・。

ちなみに円光法師は実在の人物みたいですね。「三国遺事」にも円光法師の話があった。ひょっとしてその他の花郎たちにも実在の人物がいるのか?
2006-10-29(Sun)

1027 聖天折紙戦士ドラファラード

第35話 クァンニョンよ、私がママよ

今回は、「101匹クァンニョンのママ大行進」という感じでおもしろかった。
クァンニョンというのは主人公たちのライバルっぽい少年で黒幕の息子。いつもはクールなキャラなのだが死んだ母親そっくりのヨ先生の前では急にデレデレしてしまう。そのギャップが楽しい、いわいゆツンデレキャラ。女幹部のメイメイがそんなクァンニョンのためにクァンニョン・ママそっくりさんコンテストを開催することになる。
というわけで、商品目当てにどいつもこいつもクァンニョン・ママの変装をして参加することに。
当然のように主人公たちも変装して参加。

それぞれのサービスショット
origami035_007.jpg
主人公

origami035_008.jpg
ヨリン

origami035_006.jpg
メガネ君。

origami035_014.jpg
クァンニョンが本物のママだと思ったその人は実は先生の変装だった。それを知ったクァンニョンは大ショック!
結局はクァンニョンを傷つけることにしかなってない。

ところで今回見て初めて気がついたんですが、ヨリンとクァンニョンの声って同じ人だったんですね。名前は、정미숙さん。チャングムの人です。ヨリンの声の演技は、チャングムとほぼ同じような感じなのですぐわかるのだが、クァンニョンは全然気づかなかったな。今回はクァンニョンが幼いときの回想シーンのしゃべりや気が動転したときのしゃべりを聞いてやっとヨリンと同じことに気づいたよ。

origami035_016.jpg
いよいよビデオが発売!DVDじゃないのか?しかも、傑作選なのね。
2006-10-29(Sun)

韓国版「ファンタジスタ★ガール」

というわけで韓国版「ファンタジスタガール」をさっそく訳してみた。


반짝이며 빛나는 꿈의 세계로
きらきらする光る夢の世界へ

나를 데려가~주는 그녀는
私を連れて行ってくれる彼女は

상상도 할 수가 없어
想像もできない

언제나 미라클이야
いつでもミラクルよ

그녀는 마치 전설의 소녀 같아
彼女はまるで伝説の少女みたい

이상한 나라의 앨리스처럼
不思議の国のアリスのように

세상 어디에도 없는 imagination이야
この世のどこにもいないimaginationよ

마법에 빠져있대도 괜찮아
魔法に陥っても大丈夫

언제까지라도 춤추며 노래해
いつまででも踊って歌え

오~오~fantasista girl! wow~ wow~

워~워~ fantasista girl! yeah~ yeah~

니가 원하는대로 그래
あたたが望むとおり、そう

자유롭기 때문인거야.
自由であるためでしょう

오~오~fantasista girl! wow~ wow~

워~워~ fantasista girl! yeah~ yeah~

우리에게 소중한 것은
私たちにとって大切なことは

좋아하는 마음인거야
好きな心でしょう
2006-10-29(Sun)

韓国版「アニマル横町」公式ページ

今までSBSのしょぼいページしかないと思っていたが、いつの間にかジュニアネイバー内にも公式ページができてる。こちらの方がかなり充実してるな。

特にいいのは、映像コーナーの韓国版ED。今まで、放送ではいつも途中できられていたのだが、これでやっと最後まで見られる。ちゃんと歌詞も見れるので、日本語版との違いもばっちりわかるね。
また、CFなんてのもある。こんなの始めてみた。韓国でもおもちゃが出てたんだな。しかし、CFの中にはイッサの人形はでてない。イッサ、人気ないのか?
後は2話から4話までの予告が見れるようだ。
2006-10-26(Thu)

韓国版「ふしぎ星のふたご姫」

韓国でもようやっとふたご姫が放送されるらしい。放送局はトゥーニバースなので見ることができないのが残念だ。

韓国版のタイトルは

신비한 별의 쌍둥이 공주
(ふしぎな星のふたご姫)

まあ大体想像通りのタイトルだな。

トゥーニバースのページ

ジュニアネイバーのページ
2006-10-24(Tue)

1021 少女チャングムの夢

第19話 秘伝の書

今回は、今まで悩みの種だった刺客たちもいなくなり幸せの絶頂のはずのチャングムが、一気に不幸のどん底まで落ちてしまう話。その急展開ぶりに驚かされるが、ドラマ版は毎回こんな感じだったような気がする。

チャングムがヘヤ医女におにぎりを渡すシーンがある。韓国語でもはっきり「チュモクパプ」といってた。おにぎりは韓国でも普通に作るんですね。しかし、これから処刑される人におにぎりというのも変な話だ。
「宮中味書」は「きゅうちゅうあじのしょ」と読むのか。確かに「きゅうちゅうみしょ」だと「宮中味噌」みたいだからな。

初見時の感想
2006-10-23(Mon)

1023 韓国版クレヨンしんちゃんのED

今日、韓国SBSのクレヨンしんちゃんの最後の方を見たんだけど、ED曲が以前のものと変わってた。
「ありの歌」だ。

crayon_ED20061023_000000.jpg

crayon_ED20061023_000001.jpg

例によって途中で切られてしまうが、歌詞はほぼ同じような内容らしい。歌声も日本語版にかなり近い感じがする。

2006-10-23(Mon)

1023 今日のポッポッポは声優がゲスト

今日のポッポッポ(MBCの幼児番組)は二人の声優がゲストだった。
poppoppo20061022_001.jpg
途中から見たので名前はわからなかったが、声を聞けば確かに聞いたことがある声だ。

ケロロのアフレコの様子
poppoppo20061022_007.jpg
poppoppo20061022_009.jpg

インタビューコーナーの後は遊びのコーナーなのだが、そのつなぎになぜかチャングムたちが!?
ゲストの声優さんはチャングムの人じゃないんだけど・・・
poppoppo20061022_012.jpg
「次は何?」「楽しい遊びのコーナーじゃない」とか言わせている。いつもと違う声のチャングムなので違和感が・・・
2006-10-22(Sun)

1022 The Arari Show

最近、EBSを見てると「The Arari Show 아라리쇼」という人形アニメの番宣をよく見るため、どんな番組か気になってたのだが、今日ようやっと本編を見ることができた。

これは、粘土をメインに使った人形アニメですね。5分間のミニ番組です。
内容は外国人のために韓国の文化や韓国語の表現を紹介するというもの。
公式ページを見ると登場する外国人が何人かいるが、今回はその中でも一番の萌えキャラらしいナナの当番回だった。ラッキー。彼女の話し方はかなりスローテンポでまったりしてる。ちょっと天然系のキャラかな?

arari20061022_002.jpg
ナナさんが体験談を語る

arari20061022_011.jpg
眠ってる間に床に放置していたチョコが溶けた!

arari20061022_014.jpg
床の暑さに驚いて天井に飛び上がるナナさん。忍者か?
スカートが重力に逆らってるのは粘土だから?

arari20061022_016.jpg
床が暑かったのはオンドルのせいだった。オンドルにすっかり慣れたナナさんは、こんなだらしないことに。ここで今日の表現・・・

arari20061022_017.jpg
今日の表現
「気分いいです」

公式ページ
何もでないときは、エンコードを韓国語に設定してみよう。
2006-10-19(Thu)

1019 Jane and the Dragon

jane_001.jpg
今日、韓国の教育テレビEBSで見た海外アニメ。
韓国版タイトルは「기사 제인과 말썽꾸러기 용(騎士ジェーンと厄介者のドラゴン)」。
剣と魔法の世界を舞台にした少女騎士の成長物語って感じか?

オール3Dなんだけど、背景の石垣とかお城とかの質感がすごくきれいだ。
しかし、人物のデザインは濃すぎてちょっと怖いくらいだ。このキャラデザでは日本では受けそうにないな。
jane_004.jpg
主人公のジェーン

jane_010.jpg
一方、馬とかの動物とかはかなりリアルな感じでいい。

jane_008.jpg
ドラゴンは、微妙にかわいいデザインで皮膚の爬虫類っぽい感じも出てていいかも。

ストーリーはよくわからなかったが、基本的にまったり進行なのでうっかりすると寝てしまいそう。クライマックスでは、ジェーンが狼に終われるシーンがあるのだが、最後まで狼は鳴き声だけで姿を見せなかった。

YTVの公式ページらしい
2006-10-15(Sun)

1015プンプンとニャムニャム

「集まれディンドンデン」が終わると「プンプンとニャムニャム」という番組は始まったのでついでに見てみた。
これは要するに韓国版「ひとりでできるもん」みたいだ。子供はふたりだけど。

cook_002.jpg
これが子供たちといっしょに料理をするプンプン。こいつっておならばかりしてるキャラじゃないのか?そんなやつと料理を作りたくないぞ!

cook_006.jpg
料理をする女の子は二人。ピンクの方が天然ボケキャラで水色の方が優等生キャラっぽいが、自信ない。

今回はゆで卵と野菜などを使って舟をつくるというもの。なんだか、食べ物をおもちゃにしてるような感覚は「味楽る!ミミカ」のGOMAの料理と同レベルだな。
2006-10-15(Sun)

1015集まれディンドンデン

ポンゲマンが「集まれディンドンデン」のキャラだと知った以上、見ないわけには行かない。
この番組は土曜の朝8時から放送されるが、さっそく見逃したので、今日の午前10時20分からの再放送を見た。ちなみにこの番組は平日に放送している「ディンドンデン幼稚園」の土曜版という位置づけのようだ。

これは、完全にポンゲマンが主役の舞台ですね。形式は公開収録したものにいろいろ特殊効果をほどこして放送しているようだ。ポンゲマンがピンチになると、観客の子供たちの声援で勇気付けられるところなど、完全にヒーローショーと化している!

なんだか、いろんな姉妹番組のキャラがたくさん登場してるみたいだ。ひょっとして特番仕様?
pongeman+_007.jpg
自分の番組を宣伝している

pongeman+_016.jpg
適役のポンチョンマン。今回はいい人になる薬のせいでポンゲマンに協力して黒幕と戦ってた。

pongeman+_023.jpg
黒幕。なんとなくダースベーダーっぽいが、頭がでかすぎて変。

pongeman+_028.jpg
最後は当然、みんなの声援でパワーアップしたポンゲマンのイナズマ攻撃で黒幕をやっつける。結局、逃げられたけど。

公式サイト
2006-10-15(Sun)

1011ポンゲマンといっしょにするお話の世界

「ヤッホーウンガネ」を見るためにEBSを見ていたら、変な番組を見つけた。

pongeman_001.jpg
タイトルは「ポンゲマンといっしょにするお話の世界」。説明調のタイトルだな。ちなみに「ポンゲ」とはカミナリのこと。

pongeman_006.jpg
いきなり超かっこいいポンゲマンが登場!どうやら子供向けの舞台中継のようだ。
いったいポンゲマンがどんな活躍をするのかと思ってみていれば

ただのナレーターのお兄さんでした・・・

劇の内容は九尾の白狐を退治する昔話。こんな昔話にポンゲマンの衣装は浮きまくりだ。

pongeman_013.jpg
ところでこの白狐、造形が微妙にヨランっぽいとおもうのは俺だけだろうか?もうちょっとかわいく作ればヨランになると思うのだが・・・

pongeman_022.jpg
最後はみんなで歌ってお別れ

調べてみるとこの番組のホームページはない。どうも特番っぽいな。12日にも放送があったけど。ポンゲマンも本来は別の「集まれディンドンデン」という番組のキャラクターらしい。
2006-10-15(Sun)

1011야호! 응가네 ヤッホーウンガネ

最近知ったのだが、「ヤッホーウンガネ」とうアニメが韓国EBS(教育テレビ)で毎週水曜日に放送してるらしい。
さっそく見てみた。
これは、以前ドリームピクチャー21(レカ三国志の制作会社)のホームページで紹介されてたのを見てずっと気になってたアニメだ。まさかすでに放送されてたとは。EBSなんて普段チェックしてなかったので、今まで全然気づかなかったよ。11日の放送ですでに7話目なのか。今回のサブタイトルは「ウンガの復讐血戦」。ウンガとは舞台となる家族の飼い犬の名前。オンマに対する復讐をする話のようだ。
人間のキャラデザは最初に見たときから気に入ってたのだが、30分1話構成のためか多少ストーリー展開がゆったりしてる感じ。この辺は、30分3話構成の「トリGOGO」の方がテンポがいいな。

eungga007_019.jpg
犬のウンガとママ
いっしょに銀行強盗をやっつけたのでテレビのニュースにうつってるところ。

eungga007_003.jpg
7話には登場してないのだが、OPに出てくるこの幽霊みたいなキャラが気になるな。

eungga007_007.jpg
こちらもOPから。娘の同級生の女の子。7話には登場してないので、どうゆうキャラか不明。

EBSの公式サイト
何もでないときは、エンコードを韓国語にしてみよう。
制作会社のサイト
ムービーが見れる
2006-10-15(Sun)

チャングムのCF

enjoy Koreaの翻訳掲示板で見つけた

張金が(チャングム) の夢CF

いいな~これ。
ロッテリアのやつはSDキャラで作ってるのがうれしい。
2006-10-15(Sun)

ウォンスルランよ永遠に!(花郎戦士マル99話まで)

しばらく地味な展開が続いたマルだが、ここ数回でまるで最終回のように盛り上がってきた。まさか、まさか、ウォンスルランがここで本当に死んでしまうとは、びっくり!
とりあえず、八卦がコガンたちに奪われた後の展開を整理すると

コガンが八卦を自分のものにしようとホテに隠れて使うが、八卦はなぜか発動せず、しかもウォンスルランに奪われる。ことのきウォンスルランはホテの毒矢に当たる。
ウォンスルランを助けるため、コガン一味が持ってる解毒剤と八卦を交換し、再び八卦はコガンたちのもとへ。
ナミの予知能力が発達する。
マルの姉・マリがすべての事情を知ってしまう。
八卦は満月の夜にしか発動しないと判明。
マル母が、マルの担任の先生とまんじゅう店の主人(コガン)をくっつけようと画策する。
またしても、コガンが八卦を独り占めしようとするがばれて、ホデ魔王から苦痛の空間でお仕置きされる。
ホデ魔王に許されたコガンは新しい武器を装備してパワーアップして復活。
八卦を探すため、花郎たちは心の空間で修行する。
ナミが、八卦の隠された場所を地下のボイラー室にある水晶玉の中と特定する。
そしていよいよ満月の日・・・

ここからが99話の内容です。
ボイラー室に瞬間移動したウォンスルランと花郎たちだが逆に罠にはまってしまう。一方、八卦を手にしたホテ将軍たちは山の中に移動。

maru099_003.jpg
ホテ将軍。普段は少年の姿だが、その実態は白髪の老将軍

ホテ将軍が八卦を開けようとしたその瞬間、罠から抜け出た花郎たちが瞬間移動してきて、ホテ将軍を攻撃。このシーンの花郎たちが今回一番かっこいい!
maru099_005.jpg
さっそうと登場する花郎たち

だがこの後花郎5人はやられっぱなし。ホテ将軍の手から出る煙のせいで手も足も出ない様子。
maru099_007.jpg
ハンドパワー?

一方、ウォンスルランはコガンと戦うが、さすがのウォンスルランもパワーアップしたコガンにはかなわない。そしてとうとう最後の時が!死ぬ間際に過去の回想をする演出はべただけど、じーんとしますね。死んだウォンスルランの体は5つの光になり、それぞれ5人の花郎たちの体内に取り込まれる。パワーアップだ!(これが日本の特撮だとコスチュームや武器のデザインが新しくなったりするんだろうが・・・花郎たちは特に変更なし。)
maru099_014.jpg
ウォンスルランの光を取り込んだ花郎たち。見た目、変わらず。

パワーアップした花郎たちの攻撃におされ気味のコガンたち。ホテ将軍は八卦を開こうとするが、突然雨が降り始める。どうも八卦というやつは、月が雲に隠れただけでも発動しないようで、雨まで降ってしまっては完全に使えない。とりあえず、花郎たちだけでもやっつけようとコガン、ホテ将軍、チュンジョンの3人で攻撃しようとするが、花郎たちには逃げられてしまった。というところで今回は終わり。
次回はいよいよ100話!話はまだまだ続くとおもうのだが、はたしてウォンスルラン亡き後の花郎たちはいかに!?

2006-10-14(Sat)

1012 요량아 노래하자 ヨランよ歌おう(新番組)

001 人間になりたいピノキオ(前)

とうとう始まったヨランの続編。続編というよりは、ヨランのキャラを使った別物って感じだけど。

番宣見たときは、3DCGのできにがっかりしたとか言ってましたが、じっくり見てみればヨランの造形はそこそこかわいいな。できれば、もっと毛っぽいふわふわした質感の方が良かったけど、決してツルツルというわけではなく、なんとなくやわらかそうな質感なので、なんとか納得できる。むしろ、ちょこまか動くヨランを見てるだけで癒されていく自分に気づくのだった。うん、ヨランに限ってはこれでもじゅうぶん萌えられる。ただ相棒がチャグのいう不細工な犬なのが疑問だ。これならまだ、「ヨランヨラン」のエルビス(熊)やポドゥロン(豚)の方がましだ。もっとも、不細工な犬が横にいることでヨランのかわいさが引き立つのだが。
yorangsong001_005.jpg
ヨリンには変身しないけど、魔法のステッキは健在。

yorangsong001_006.jpg
ヨランを後ろから見たところ。左奥にいるのが犬のチャグ。ヨランの家の造形もちゃんと再現されてる。

人間の女の子もゲストキャラとして登場してる。金髪の子が、熊3匹の家に侵入する女の子。ムラサキ髪の女の子はシンデレラらしい。見た目はかわいいが、どちらも表情に乏しく没個性的でいまいち。
yorangsong001_017.jpg
yorangsong001_019.jpg

yorangsong001_023.jpg
敵役のブトゥ3兄弟も登場。弟二人は前作と声が違うような気がする。

ストーリーは完全に子供向け、というより幼児向けだなこれは。ヨランが自分の魔法で出した竜巻のせいで歌の本の中身が飛び出し、それを探すというものらしい。多分・・・。
後、タイトルどおり歌のシーンがとても多い。なんだか番組の3分の1くらいは歌を歌ってるように感じる。どれも童謡らしい。韓国の幼児番組「ポッポッポ」とかでも聞いたことがある歌が何曲かあった。

最後に一番うれしかったのはED曲が、「ヨランヨラン」と同じ曲だったこと。この曲好きなんです。

KBSの公式サイト
2006-10-11(Wed)

1007少女チャングムの夢

第18話 長官の罠

ようやっと刺客団の最後ですが、やはりちょっとあっけないな。やはりこの内容なら前後編にしてもいいくらいだと思うけど。一応、これは料理アニメだから、料理と関係ない話を延々やるわけにもいかないか。
それはともかくアクションシーンは何回も見ると、苦労の後がよくわかるな。全年齢視聴可にするためには、直接殴ったりするような暴力描写はできないらしく、カット割りで苦労してるのがわかる。

ヘヤ医女の正体がちょっとわかった。先代の王の時代から仕えていた一族みたいですね。先代というと、ドラマ版ではおもいっきり悪玉という感じだったので、できればもっと以前の王の時代から代々仕えてきたという設定の方がよかったな。

初見時の感想
2006-10-08(Sun)

2006年秋の新番組その1

この約一週間で自分が実際に見た新番組。

0928
ポケットモンスターダイヤモンド&パール:特に新ヒロインに魅力を感じないので切り。
1001
金色のコルダ~Primo Passo~:おもしろい。様子見。
ライオン丸G:切り
ギャラクシーエンジェる~ん:「超ぽじ」を10本くらいまとめてみた気分。つねに高いテンションで疲れる。そのわりにはキャラの印象が薄い。実際、色調が淡いパステルカラーだったし。様子見。
1002
BLACK BLOOD BROTHERS(tvk):切り
ときめきメモリアル Only Love:ひよこパートだけ作画アニメしていた。女子より男子キャラたちの方が個性的で印象に残った。様子見。
Pumpkin Scissors:様子見
1003
D.Gray-man:様子見
DEATH NOTE :文句なく視聴継続
ゴーストハント:微妙
砂沙美☆魔法少女クラブ(シーズン1):様子見
ヤマトナデシコ七変化▼:主人公の少女より美少年4人の顔の方が怖い。なんだかマネキンみたいで・・・。少女漫画原作だけどおもしろい。さすがナベシン。継続
RED GARDEN:この雰囲気、結構好き。とりあえず様子見
1004
ネギま!?:微妙
武装錬金:様子見
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ:微妙
マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~(テレ玉):入学早々退学って、すごい引きだな。とりあえず様子見
少年陰陽師(テレ玉):切り
蒼天の拳:継続
1005
リトル・アインシュタイン:微妙
009-1:様子見
銀色のオリンシス(テレ玉):微妙
あさっての方向。:キャラデザが伊藤郁子さんだし、様子見
はぴねす!(tvk):シリーズ構成・脚本が西園悟なのが気になる。様子見
すもももももも ~地上最強のヨメ~:バカすぎるヒロインが楽しい。継続
Gift~eternal rainbow~(MXテレビ):切り
1006
夜明け前より瑠璃色な Crescent Love(テレ玉):切り
コードギアス 反逆のルルーシュ:とんでも設定が気になるが、数少ない手書きロボットアニメだし・・・様子見
銀河鉄道物語~永遠への分岐点~:切り
1007
ぷるるんっ!しずくちゃん:微妙
家庭教師ヒットマンREBORN!リボーン:微妙
天保異聞 妖奇士〈あやかしあやし〉:継続
乙女はお姉さまに恋してる(tvk):様子見
史上最強の弟子ケンイチ:様子見
らぶドル -Lovely Idols-(tvk):切り
くじびきアンバランス(tvk):継続

このリスト見ただけでうんざりしてしまう。この新番組以外にもナルトやクレしんのスペシャルも見てるわけで、我ながらよく見るな~と感心してしまうよ。すでに個別に感想書く気力がないので、感想は適当。タイトル見ただけでは、どんなアニメだったか思い出すのに苦労するのも多い。
2006-10-02(Mon)

0930少女チャングムの夢

第17話 黒幕の正体

今回の主役はヘヤ医女といってもいいような内容ですね。
というわけで、ようやっとヘヤ医女の正体が明らかになった。第1話に登場した刺青の女だ。しかも、強い!
とはいっても、この人にはまだまだいろいろ謎がありそう。そもそも、刺客の手下になったのは医女になる前なのか、なった後なのか?そして、医女なのになぜそんなに強いんだ?刺客団に仕込まれたのか、それとも何かもっと別の理由があるのかもしれない。できれば、その辺の過去話を丸一話使ってやってほしかったな。

後、同じセリを食べたのに、王様は倒れて毒見のばあさんはなんともなかった件について。実はセリには王様のような体質にだけに反応する毒が入っていたと説明されてた。王様のような体質って、なんらかのアレルギー体質なのか。随分都合のいい毒があったもんだ。解毒剤は、西域にしかないめずらしい薬草らしい。結局、具体的な薬草の名前とかはわからないままか。

初見時の感想
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。