--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-21(Sat)

マジックキッド・マスリと南北統一

アニメ版は残念ながら打ち切られたが、ドラマ版は今でも再視聴サービスを使って見続けている。
今、ようやっと230話くらいまで見たところだ。まだまだ先は長いな。

ところで、最近になってようやく気づいたのだが、このドラマって半島の南北統一を意識して作られてるのでしょうか?つまり、元老会議派=韓国、魔女会議派=北朝鮮。最終目的は、その統一だし、あながち間違ってない?

そう思って見ると、二つの派で争奪戦をしてる「虹の核」は核兵器のように思えるし、地下世界から脱出してスリの家に居候してるチャンミは、収容所から脱出した脱北者か、あるいは脱北者のふりをした工作員に見えなくもない。

まったくの的外れな考えで、スタッフはそんなつもりはないのかもしれない。
しかし、スタッフは意識してないかもしれませんが、無意識のうちに南北統一の願いが表れてるのかも?
スポンサーサイト
2008-12-18(Thu)

マジックキッド・マスリ 第13話

제13화 마법의 힘
第13話 魔法の力


何と、今回で打ち切り!
前回、予告がなくて変だな~とは思ってたのだが、まさか13話で打ち切りとは。人気ドラマのアニメ化にしては、ずいぶん残念な終わり方ですね。

13話の内容は、ただの総集編だった。総集編をやって終わるのは、「レカ三国志」の時と同じだな。もっとも、レカ三国志はちゃんと復活してくれたけど、果たしてマスリは・・・?

ちなみに後番組は「ヨランよ歌おう」の再放送。
2008-12-11(Thu)

「マジックキッド・マスリ」ドラマ版とアニメ版

ようやっとドラマ版のほうも131話までみた。どうやらここで一旦ペク・チャンミ編は終了して、新展開がはじまったようだ。ペク・チャンミの最後の作戦となる126話くらいからはじまった魔法ウイルスの話は、かなり盛り上がり、このまま最終回になってもいいような感じだった。
ペク・チャンミはかなり早い時期から改心の兆しは見えていたので、そのうち仲間になるか途中退場するかどっちかだろうと思っていたが、結局、途中退場か。魔女会議派に対する裏切り行為により、永遠に地下世界に閉じ込められることになったチャンミ。イェイェたちとの別れのシーンが泣かせますね。いつか魔法世界がひとつになったとき、きっと会うことができると約束しあいます。
チャンミもよかったけで、ナ・ジャルもよかったな。最後まで、地下世界に閉じ込められるのを嫌がるのかとおもっていたが、最終的にはチャンミについていくことを決心する。この時のナ・ジャルはちょっとかっこよかった。

ところで、アニメ版も12話まで放送された。先週と今週の話は前後編で魔法のオルゴールの話だった。これはドラマ版でもあったなぞなぞパズルのアレンジですね。ドラマ版ではマスリたちが魔法使いであることを秘密のまま謎を解くのに苦労してたけど、アニメではあっさりイスリにばらしちゃったな。もっとも、最後は、記憶を消されてしまった。イスリにくらい、ばれたっていいじゃないかと思うのだが。だってずるいじゃないか、妹だけ魔法使いなんて。
後、オルゴールの話の前にあったグレムリンの前後編の時も思ったのだが、どうもテンポが悪い。この程度の話なら、1話でまとめてもいいような気がする。
2008-11-09(Sun)

マジックキッド・マスリ 第7話

제7화 미소의 아름다운 힘
第7話 微笑の美しい力


今回は、コヤ編の後編。
サマ様に操られているコヤを正気に戻したのは微笑の力だった。
なんだけど、淡々とした演出で、なんとなく元のコヤに戻ったような感じで、盛り上がらない。
物足りないな~。

(ちょうどいまドラマ版の60話以降見てるんだけど、子供になったペク・チャンミが、子供たちとの交流を通して笑いをおぼえていくのに、約10話もかけてじっくり描いているのとは対照的だ。)

結局、正気に戻ったコヤはサマ様に強制送還され再び石像にされてしまった。
2008-11-03(Mon)

マジックキッド・マスリ 第6話

제6화 코야의 진실
第6話 コヤの真実


今回はやたら前回までのあらすじが長くて、話があんまり進まなかった気がする。

animagickid006_001.jpg

魔法使いになったプリピは、スリ一家といっしょに魔法の部屋に入れるようになった。この部屋の中ではプリピも強制的に魔法使いの衣装になるようだ。この姿のときは髪が茶髪になるんですね。

後半はいきなりスリの家に現れたコヤの話。
マペとコヤはやはり人間界に来る前から特別な仲だったようですね。とはいっても、もともと愛の感情を知らない彼らは恋人同士という関係でもない。

ところで、実はドラマ版のほうも見続けており、ようやっと60話まで見た。全496話もあるため、まだまだ先は長いが、一旦見始めると続きが気になって、ついつい見続けてしまう。よくできた連続ドラマは中毒性があるね。
ドラマ版でマペが登場するのは51話からなのだが、アニメ版とは随分印象が違うな。ドラマ版では、かなりだらしがないお調子者という感じだ。「ミルガオン」では、もうちょっとましなおじさんだったような気もするが・・・。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。