--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-18(Sat)

1117 花郎戦士マル 121話(最終回)

非常に最終回らしい最終回でよかった。

前回、コガンが八卦を開いたところで終わったのだが、チュンジョンが妨害し八卦をウォンスルランに渡してしまう。チュンジョンの裏切りだ。いつかコガンを裏切るんじゃないかと思っていたが、やはりそうなったか。彼女も結局は花郎だったということか?そのチュンジョンは、コガンに攻撃され致命傷をおい、最終的には光となって消えてしまった。花郎たちに見守られながら花郎として最後を迎えた感じだ。一方、コガンもウォンスルランの攻撃により光となって消え去る。最後に残ったホデ魔王は、キジョンの鉄棒にみんなの気をこめ、その鉄棒を魔王に向けて放り込むと魔王は消滅してしまった。これですべては終わったかに見えたが、海岸で八卦を封印しようとしたら、ふたたびホデ魔王が現れた。さすがにしぶといね。今回は、八卦の力を使って、一気に魔王を消滅することに成功。八卦パワーのすごさを見せつける。こうして、八卦は、ウォンスルランによって永遠に封印され、子供たちからは花郎の気が抜けて、普通の子供に戻ることになった。

maru121_007.jpg
八卦から黄色のすごい光線が出て赤い魔王を攻撃してるところ
と、説明しないとなにがなにやらわからん画面だな。

後は、ひたすらお別れのシーンが続く。これはかなり長い時間をとって丁寧にやってるね。別れのシーンでは、ついにウォンスルランが子供たちを子供たち自身の名前で呼ぶ。いままではずっと子供たちの中に入ってる花郎の名前で呼んでたんだけど、これずっと気になってたんだよな。だから最後に子供たちの名前で呼んでくれたのは良かった。
別れのシーンでは、もちろんマルの姉・マリもいっしょだ。結局、マリ以外の大人たちは花郎のことを知らないままか。
ラストは、ある日マルたちが引ったくりを目撃し、それを追いかけて成長ぶりを見せるというものだった。

maru121_016.jpg
ウォンスルランは消えても、みんなの心の中に永遠に存在し続けるよ

シリーズ全体を通してずっと気になっていたのだが、ウォンスルランはどうしてわざわざ八卦の封印をといて持ち出しておいて、再び封印しなおしたのか?最初から封印したままにしておけば、再び封印する必要もないと思うのだが?最初の封印では何か問題があったのかな?劇中、ちゃんと説明があったのに俺が聞き逃してるだけかもしれないけど・・・。
後、どうしても「ミルガオン」と比べてしまうのだけれど、「ミルガオン」ラストの怒涛の展開を考えると、ちょっと物足りない。ミルガオンでは、ラスト近くで敵の3バカが支配者様に人間爆弾にされたり、3バカのうちの子供が支配者様に対して自爆テロを決行して亡くなったりと、今考えてみてもそのすさまじい展開には驚かせるものがあるのだが、「マル」はそれに比べると、ふつうにうまくまとめた感じがするね。

ちなみに後番組の「소문난 저녁」はドラマじゃないっぽい。これで、韓国の子供向けドラマはなくなってしまうのか?そうだとしたら残念だな。結構楽しみに見てたのに。
スポンサーサイト
2006-11-17(Fri)

1116 花郎戦士マル 120話

いよいよ満月の夜。最終決戦の始まりだ!
年少組みの花郎たちの合体攻撃により消滅するホテ将軍とか、ついに花郎たちの目の前にその異様な姿を現すホデ魔王とか、いかにも最終回らしい展開が楽しい。
ところで、前から気になっていたのだが、敵が自分たちのことをさして言う「ホジョク」って何だろう?おそらく「ホ族」なんだろうが、「ホ」がよくわからない。

maru120_003.jpg
光になって散るホテ将軍。こうゆう消え方するってことは、やはり普通の人間じゃないのね。

maru120_007.jpg
ラスボスのホデ魔王。よく形のわからない不定形の巨大な怪物っぽい。

maru120_009.jpg
最後はコガンが八卦を開いて
「八卦よ、花郎たちを攻撃しろ!」
と言ったところで、最終回に続いた。直後の予告で、その後の展開がばればれなのは、どうかと思った。
2006-11-16(Thu)

1115 花郎戦士マル 119話

今回は、最終決戦前の嵐の前の静けさという感じですね。この時しかないと思ったのか、マリがスルランと2人っきりで公園を散歩したりするシーンが印象的だった。

話の方は・・・
敵の正体がわかったので饅頭店に殴りこむ花郎たちだが、一歩遅く敵は秘密のアジトへ逃げた後だった。敵は満月の夜まで、そこでじっとしてるつもりらしい。アジトの場所を探るため、ナミの予知力を強化する花郎たち。そして、ついにアジトを見つけるが、やはり一歩遅く敵に逃げられる。そして、いよいよ満月の夜の前日になってしまう。

maru119_007.jpg
公園を散策するマリとウォンスルラン。アイスクリームを食べたり、携帯で写真をとったり、まるでデートみたいだが、別れが近づいてることをお互いに知ってるのか、どこがもの悲しい。
2006-11-15(Wed)

1114 花郎戦士マル 118話まで

今週の番組表見て気づいたのだが、この番組も今週の金曜で最終回らしい。ウォンスルランも復活して、まだまだ続くものだと思っていたので、ちょっとびっくりですね。結局、全121話ということになるな。全175話の「ミルガオン」より、50話ほど短い。

ストーリーの方は、再びウォンスルランがコガンたちを怪しみだして、ついにホテがその正体を現すところまで進んだ。後残り3話を使って最終決戦が展開されるのだろうが、やっぱちょっと唐突な気がするな。
ちなみに、感想が一日遅れなのはVODで視聴してるからです。

maru118.jpg
ナミたちの計略にかかって、つに正体を現すホテ将軍
2006-11-12(Sun)

1110 ウォンスルラン・リターンズ(マル116話まで)

maru116_007.jpg
ついにウォンスルランが復活した。それも、花郎たちが敵の罠にはまって絶体絶命のときに登場するという、これ以上ないというタイミングのよさで復活だ!

ウォンスルラン復活までの流れを簡単に説明すると・・・
円光法師が言うには、ウォンスルラン復活には敵の水晶球が必要だという。それがある朝、マルが起きてみると自分の机の上においてあった。そこにあったのは元々まんじゅう店にあった分離水晶球だが、これでもじゅうぶん使えるらしい。問題なのは、だれが分離水晶球をマルの机の上に置いたかだが、これはいまだに直接描写がないためよくわからない。一番怪しいのはチュンジョンなんだけど。とにかく、これでウォンスルラン復活に必要なものはそろったのだが、すぐに復活できるというものではないらしく、円光法師は分離水晶球をもってどこかへ消えてしまった。ウォンスルランがいつ復活するかわからないので花郎たちは、自分たちだけで敵から八卦を奪う作戦を立てる。それは、敵のスパイと疑われてるホテに偽情報を流して、八卦を結界の外に移動させようというものだった。しかし、逆にそれを敵に利用され花郎たちはピンチに陥るのであった。

花郎たちの前に現れたウォンスルランは、あっというまに形勢を逆転させ敵をしりぞける。なんだか以前より強くなってるような気がする。

maru116_008.jpg
強いぞウォンスルラン!
コガンとホテ将軍を同時にふっとばす

ウォンスルランが復活して一番うれしいのは、マルの姉・マリのようだ。この2人の再会シーンだけは、まるで恋愛ドラマのようだな。
maru116_013.jpg
今までは、一方的にマリがウォンスルランを追いかけていたのだが、ウォンスルランも今回は
「私もマリさんと再び会えて、本当にうれしいです。」
とか言って、まんざらでもない様子。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。