--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-13(Tue)

映画「寄生獣」

昨日、映画「寄生獣」を見た。
結論から言うと、まあまあ良かった。

一本の映画としてまとめるために、原作をうまくアレンジしてると思った。特に、Aと新一の母親の体をのっとるやつとを同一人物にしたのはうまいな。これで、リベンジマッチがクライマックスなる。しかも、新一が初戦でAを完全に殺しておけば母親は死ななかったわけで、これは新一にとって心理的負担が大きくなる。

ビルの屋上の敵を石を投げて殺すシーンも、うまくアレンジしてると思った。そこで弓矢か!

キャラがいろいろ整理されたせいで登場しないキャラがいるのはしょうがないかな。

ミギーの声はひょうきんなおっさん風でぺらぺらよくしゃべり感情的にさえ思える。アニメ版とはずいぶんイメージが違うな。個人的にはアニメ版のほうが好み。

まあ、いろいろ思うところはあるけど、実写化に関しては顔がくぱ~ってなるシーンがちゃんとしてれば後はどうでもいい気がする。
スポンサーサイト
2014-12-11(Thu)

映画「西遊記~はじまりのはじまり~」

今日、吹き替え版を見に行った。おもしろかったけど、観客が自分ひとりだけだったので、さびしかった。今まで、映画館で2,3人しかいかなかったことはあったけど、さすがに一人で見たのはこれが初めてだよ。人気ないのかな~。

タイトルをはじめて聞いたときは、てっきり孫悟空が生まれたところからお釈迦様にお仕置きされるまでをやるのかと思っていたが、実際には、三蔵法師が孫悟空を仲間にするまでだった。
全体的な印象は、壮大に金をかけたコントみたいだった。バトルシーンはいろんなアイディアてんこ盛りで楽しい。欲を言えば孫悟空と妖怪との本気バトルを見たかったな。

ストーリーは原作をアレンジしすぎて完全に別物になってる。平気で人を殺す孫悟空はどう見ても悪役だ。見た目はちっさいおっさんだけど。

ヒロインが死にかけてるときになって三蔵が愛の告白をするシーンでは、レインボーライブの聖とジュネの似たようなシーンと重なって、涙ぐむ。

そして、ラストのBGMにびっくり。なぜこの曲?!

吹き替えの声優には野沢雅子がいた。さすがに孫悟空役ではなくて、おばさん役立ったが。孫悟空役は、山寺宏一。その他、羽佐間道夫とか茶風林とかチョーとか。
2012-05-19(Sat)

今日見た映画「山びこ学校」(1952年)

今日、フィルムセンターで映画「山びこ学校」(1952年)を見た。
綴方をテーマにしている映画ということで、「綴方教室」と比較する上でも、一度見てみたいと思っていたのだ。

一番印象に残ったのは主人公の無着先生を演じた木村功が、爆笑問題の太田光に見えて仕方なかったこと。ほんとそっくり!

「綴方教室」が都会の貧乏を描いた戦前の映画なら、こちらは田舎の貧乏を描いた戦後の映画ですね。音声にはノイズが多く、せりふになまりもあるため聞き取りにくいが、原作は一応読んだことがあるので、なんとなく理解できる。

全体的にはまじめで地味な印象。綴方そのものより、生徒たちの苦しい生活描写が印象に残った。戦後間もない田舎の風景描写はなんとなく懐かしく思える。

無着先生が恋愛について語っているシーンがあるが、これは映画のオリジナルかな。原作にはなかったような気がするが。
2012-04-28(Sat)

今日見た映画「ピーターパン」(無声映画)

久々の更新ですね。

今日からゴールデンウィーク!
というわけで、久しぶりに京橋のフィルムセンターに行って映画を見た。
見たのは「ピーターパン」。1924年制作の無声映画です。ピーターパンといえば、どうしてもディズニーの印象が強いですが、それ以前に無声映画が作られてたんですね。それ自体おどろきです。

ストーリーは原作通りなんでしょうか?ずっと昔に読んだ覚えがあるが、ほとんど覚えてないな。
一番印象に残ったのは、犬のナナ。中に人が入ってる着ぐるみなのだが、こいつの動きがいちいち人間的で面白い。表情もいい。この犬見てるだけで、なごむな。ほかにワニも登場するが、これも着ぐるみ。
ティンカーベルは光ってるひらひらしたものをぶら下げて動かしてる感じ。時々アップになるとちゃんと人間が演じている。

演出的に面白かったのは、ティンカーベルが死にそうなときに、ピーターパンが観客に向かって拍手を要求するところ。この観客の協力によってティンカーベルは一命を取り留めるのだ。この手の演出は、最近では劇場版「プリキュア」なんかでも見かけるけど、こんな昔からあったんだな~。しかし、無声映画のためシーンとした劇場内でいきなり拍手をするのはかなり抵抗があるな。何人かはちゃんと拍手してました。私はこっそり申し訳程度に。
2007-01-19(Fri)

手づくりのスターウォーズ

YouTubeにどうしても紹介しておきたい動画を見つけたのでリンクしておく。


この作品、大好き!タイトルからわかるとおりスターウォーズのパロディです。8mmフィルム時代の作品なのでかなり古いものです。自分が最初に見たのは何かの上映会だったのだが、初めて見たときの衝撃は忘れられない。とにかく、その斬新なアイディアがすばらしい!数多いスターウォーズのパロディ作品の中でこれほどクールでカッコいいものは見たことがない。「親指スターウォーズ」以前に、これ考えたやつって、ほんと天才だと思う。
プロフィール

ナカノ☆カナ

  • Author:ナカノ☆カナ
  • 関東在住のただのアニオタ(男)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。